タル・ベン・シャハー「ハーバードの人生を変える授業」大和書房

公開日: : 最終更新日:2011/09/10 書評(書籍)



原題はEven Happierらしい。しかし、邦訳では、ハーバード大学の講座の内容であることの宣伝が喧しい。「これが、世界最高学府の学生たちを最も熱狂させた授業」などとのキャッチフレーズ。しかし、内容はオーソドクスであり、人生訓なので、学力の高さとは関係なかったりする。邦題と内容のマッチ度は悪い



原題とのマッチ度は高い。「もっと幸せに」。多くの切り口から行動規範を提案している。人生をよくしようと普通に努力している人間が、年を経て収集する情報という程度であろう。とりわけこの類の本をよく読んでくると、今回をもってことさらに目新しい情報はそれほどなかった。ので、今回のメモは少ない。しかも、他者の発言の引用ばっかりだったり



確かに、ここまでのことを大学生の段階で整理して教えてくれるのであれば、そしてそれが心理学の当てはめであって、知識の詰め込みと違うのであれば、人気のある授業になるのかもしれない。しかし、ハーバード大学ということは、それでもブランドを借りている部分の過剰さは感じる



本の装丁は良い。別にモノクロだからというわけではない。シンプルなところ、日本語と英語の両方のフォントのチョイス、縦書きと横書き、フォントの大きさ、それらのバランスが美しい



ちょっと訳者の露出が多いかな。著者まえがきよりも、訳者あとがきのほうが長文字数が多い。著者よりも訳者のほうが人物紹介の文字数が多い。大丈夫かいな





p16.デューク大学医学部のマイケル・バビャクらは、うつ病と診断された患者の大半にとって、週3回、1回30分間の運動を行うことは、抗うつ剤を服用するのと同じような効果があるという研究結果を示しました。しかもいったん治療が終了すると、薬物治療を行ったほうの患者は、運動療法を行った患者に比べ、4倍もの割合でうつ症状を再発しやすいというので。では、運動は抗うつ剤を服用するのと同じなのか、というとそうではありません。もっと適切な言い方をすれば、「運動しない」ことは「憂うつになる薬を服用しているのと同じようなものなのです



p17.ハーバード大学医学部の精神科教授であるジョン・レイティは次のように述べています。「ある意味、運動は医者にとって夢のような治療法といえるでしょう。運動は、うつ病に深く関連する不安やパニック障害、そしてストレス全般に効果があるのです。運動は、精神疾患の最も重要な薬と同様の効果があるノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンといった神経刺激伝達物質の放出を促します。ひと汗かくことは、適量のプロザックやリタリン(代表的な抗うつ剤)を服用するようなもので、心身を正常な状態にしてくれるのです」 そして運動には、自己評価や思考力・免疫力を高める、寿命をのばす、よりよい睡眠が得られる、よりよい性生活を行えるといった副次的効果があることもぜひつけ加えさせてください



p39.生活の中の「ビジネス(busines)=忙しすぎ(busyness)」を減らしましょう。「意義」と「楽しみ」の両方を感じられる活動に没頭する時間を定期的にとるようにしましょう。たとえば、家族と一緒に過ごす、ガーデニングをする、ひとつのプロジェクトに集中する、瞑想する、映画を観るなどです 「シンプルに! シンプルに! シンプルに! することを2つか3つに絞るのです。百や千では多すぎます。百万ではなく、半ダースで十分です」(作家 ヘンリー・D・ソロー)



p49.逆説的ですが、自分は失敗に対処できるという自信は、「失敗すること」により強化されます。なぜなら、私たちがずっと怖がってきた失敗という化け物は、考えているほど恐ろしいものではないからです。実際に失敗したときのつらさよりも、失敗するかもしれないと感じるときの恐怖のほうが、じつは私たちを痛めつけるのです



p62.「物事をはじめるには、話をやめ、行動を開始することだ」(ウォルト・ディズニー)





20110908233946



google adsense

関連記事

no image

横山秀夫「半落ち」講談社文庫

20140823142713 半落ち (講談社文庫)著者 : 横山秀夫講談社発売日 : 2005-

記事を読む

no image

小山政彦「図解へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ! ここに気づくかどうか!?」三笠書房

小売業に強いコンサルタントとして、収益アップのためのアイデアを出している。素材集として面白い タイト

記事を読む

no image

宮脇修一「造形集団海洋堂の発想」光文社新書

20130319225803 なにかの書評で見て面白そうなので読んだ。実は10年以上前の古

記事を読む

no image

蔵研也「リバタリアン宣言」朝日新書

軽く読むことができる。タイトルから想像するとおりの内容。リバタリアンの考え方を理解する入門書としてよ

記事を読む

no image

ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店

200506120133 面白い。 自分で年をとったと感じる。文字の並べ替えなどの言

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫

20081220505200 昔読んだものを読み返すことがあってもいい。司馬遼太郎の有名な

記事を読む

no image

徳力基彦「デジタル・ワークスタイル」二見書房

ハックス的な各論だけでなく、もともとの考え方に共感。最近の中でもっとも良書を感じた p6.そもそも、

記事を読む

no image

団藤重光「法学の基礎 第2版」有斐閣

20120211212529 久しぶりにこんな硬い本読んじゃったなあ。基礎というものの、難しくて最

記事を読む

no image

松島庸「追われ者」東洋経済新報社

昔の本だが、縁あって読むことになった いまとなっては旧聞に属するクレイフィッシュの事件。一つの企業

記事を読む

no image

片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑