大竹文雄「農家はなぜレタスを処分するのか(経済を見る眼)」週刊東洋経済2011.9.3

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 大竹文雄



思い出したのが、高校でもうすぐ卒業のときの、クラスの担任でもない化学の先生の、最後の授業。ある宗教団体のことを強く非難し、高校卒業後に関係しないように注意を促した。もし何か問題が発生したら力になるから連絡するように、とも言った。過去にも何回か教え子の力になったそうだ。自分自身、そういう話は初めて聞いたので驚いたし、クラスの皆が同じような感じだった。非常に真剣で印象的だった



義務教育の段階で、消費者問題的なことを教えてほしい。特に詐欺の手口とか。今回は、学校の先生の説明次第で逆効果になりかねない話で、気になった



義務教育で教えないとなると、マスコミの力、学者の力、ということなんだろう。この記事も、その2つが発揮されている。特に経済学者には、どんどん社会問題に発言をしてほしい



先日読んだ本の、「全員を何度かだますことはできるけれど、全員を毎回だますことはできない 」という言葉を思い出している。リリアン・R・リーバー「数学は世界を変える」ソフトバンククリエイティブ | hiog





・価格が少し下がったくらいでは、レタスの需要はあまり増えない。その場合、レタスの生産量が少し増えると、レタスの価格は大きく下落する。レタスの価格と生産料の積で農家の所得は決まる。価格が大きく下がり、生産量が増えた効果を上回ってしまうと、農家の所得は生産量が増えたのに下がってしまう



・そこで、農家が連帯し、レタスの生産量の一部を処分して出荷しないことで、レタスの価格下落を抑えているのである



・たぶん、この写真を見た生徒の多くは、せっかく作ったレタスを処分しなければならない農家は市場メカニズムの被害者だという印象を受けるのではないか。実際は、農家がレタスを処分することによって被害を受けているのは、本来ならレタス価格が下がるという便益を受けていたはずの消費者である



・大企業による独占の弊害は、政治経済の教科書にきちんと書かれている。しかし、集団としての農家が独占企業と同じ行動を取っても、市場メカニズムの被害者が農家であるような印象を与えて、消費者の被害を教えていない。消費者の立場から経済を考える教育をすべきではないだろうかと感じた





20110917221943



google adsense

関連記事

no image

池田信太朗ほか「凡事徹底の半世紀(特集 ベイシアの諦めない経営)」日経ビジネス2008年7月14日号

先日、北関東の地方都市に行って国道を通っていたら、道の両脇にベイシアとカインズホームがあった。少し行

記事を読む

no image

(後藤)「From Editors」週刊ダイヤモンド2012/02/04

20120205011407 週刊ダイヤモンドは長いこと定期購読している。といっても3年の定期購読

記事を読む

no image

辻広雅文「法人税減税というエゴ(プリズム)」週刊ダイヤモンド2006/11/11

筆者は本誌の前編集長のようだ このエッセイは何なんだろうと思った。凄い独自の見解な気がする。これが

記事を読む

no image

杉山俊幸「”死んだ”男、ペットを救う 小森伸昭氏[アニコムインターナショナル社長](ひと劇場)」日経ビジネス2006年4月10日号

小森氏はペット保険ビジネスの創業者として、ビジネス誌を中心にときどき見かけるし、"ショーンKほか「成

記事を読む

no image

川嶋朗「増加する男性の冷え症(診察室)」日経ビジネス2005年10月31日号

この記事、すごくショックを受けた。いまも寒さに体を震わせながらデスクに向かっている。何か手を打たなく

記事を読む

no image

菅原雅信「ドバイでも日本酒は売れる 4割市場で販売量5倍の秘密――桜井博志氏(特集 売れない時代に私が売る)」日経ビジネス2009年7月13日号

20090912080042 杜氏の存在理由がなくなる事例。誰でも酒造りができる体制。「この人でな

記事を読む

no image

大竹文雄「ウィキノミクスで経済効果(経済を見る眼)週刊東洋経済2007.8.4

まあ、そうは簡単にはいかないでしょうけれども、と思った話。だってインセンティブがないものさ ・

記事を読む

no image

ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

20121002223608 このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読して

記事を読む

no image

友國八郎「求められる人になろう 会社は最高の教室だ(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月21日号

商船三井最高顧問の談話。大雑把な話で、よくある話だけど、気になった 昔、私が相当高度なレベルの教育機

記事を読む

no image

辻秀一「バレンタイン監督に学ぶ周りを巻き込む力(ビジネス・アカデミア)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

私は野球をしない。観戦も行わない。プロもアマも問わず。稀に、おそらく10年に1度くらいはどうしても外

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑