野口悠紀雄「グーグルとトヨタは本質的に異なる企業(日本の選択第14回)」週刊東洋経済2011.9.17

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 週刊東洋経済, 野口悠紀雄



グーグルについては、著者はこの本で絶賛している


野口悠紀雄「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル」新潮社 | hiog




・アメリカでも、自動車産業は政府と密接に関連していた。かつての鉄鋼や鉄道もそうだった。だが、グーグルは、これらとまったく異なる企業なのである。グーグルが国家と関係するのは、独占禁止法の関係だ。つまり、国とは敵対関係にある。AT&Tやマイクロソフトもそうだった。アメリカ政府は、巨大企業を育てようとするのでなく、壊そうとしている。日本との何たる違いだろう


・グーグルの株価がこれだけ情報したのは、そのサービスが人々の生活を変えてしまったためだ




日本の独占禁止法は、統合にあたってしか動かないようなイメージ。しかもその統合のときの審査もなんとも言えない


別に、それでいいと思う。そもそもマーケットが世界的に定義されている場合に、日本の法律で日本の役所でできることは限られている。また、独占禁止法は、そもそも日本の風土と時代に合わない


別の解決方法を思う。放っておいても大企業は衰亡に向かっていく。むしろ新しい事業を阻害しないという方法がある。日本のエスタブリッシュメント企業が維持されてしまうところが問題に思う


20110925100632


google adsense

関連記事

no image

大久保寛司「仕事の壁を破るヒント」PHP研究所

20070410222000 本の構成がおもしろい。一区切りついたところで作者が読者に呼び

記事を読む

no image

永野良佑「銀行が超!衰退産業になったワケ」扶桑社

20121222081453 内容のレベルも精度も低い。が、それでもちょっとはノートを取れ

記事を読む

no image

林則行「「銅メダル英語」をめざせ!」光文社新書

20120818045503 英語って、やっぱり、日本人にとってのひとつの引っかかりなんだと思

記事を読む

no image

ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店

200506120133 面白い。 自分で年をとったと感じる。文字の並べ替えなどの言

記事を読む

no image

山田昌弘「結婚難の日本人男性 THE COMPASS」週刊東洋経済2012.6.30

20120628234327 いやらしいけど、こういう話が好き。この「女性上昇婚」って、結

記事を読む

no image

磯田道史「無私の日本人」文藝春秋

20130406002458 前評判が良かった。そのとおり、かなり引き込まれて、あっという

記事を読む

no image

藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫

平易な記載。内容がおもしろく、かつ思索の浅い大衆にとってなかなか示唆に富む。社会人についての絶妙な分

記事を読む

no image

中島義道「うるさい日本の私」新潮文庫

日本に住む人には一読をお勧めしたい 先日読んだ本"中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社"が面白

記事を読む

no image

原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社

確かに電車の中で思いついたことを整理してやっつけ仕事でまとめちゃいましたというニオイのする本だ。軽い

記事を読む

no image

山崎隆「大震災改訂版 東京のどこに住むのが安心か」講談社

20130405011526 これは、ちょっとふるい本で、2011年11月に出版されている

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑