中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

公開日: : 書評(書籍)



もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリッツを読んでいた。「伝染るんです。」とかの頃。いちばん好きだったのが「じみへん」


しかし、この本を読んでしまうと、違う。決して「じみへん」を読むだけで思っていた作者のイメージとは違う。すごくまじめな、確かに神経質そうではあるが、ゆるい、というよりは、むしろその逆の感触。著者のありのままの考えが吐露されているのを見るのが、実は少し怖かったりした


これでいて、ご結婚されているということで、奥様とどのように折り合っているのかというところが、読み進めていくうちに気になってきた。中盤にその辺の言及もされているのが、溜飲が下がる。やっぱり、すごく気を遣っている人なんだな


特に、尊敬している先生に対して告白をしてしまった、後味の悪い思いをしたとか、なぜか共感が半端ない。自省してみると、私も、物理的な周辺の片付けは苦手だが、人間関係に関しての「もたない」は負けてないよな。同期会とか、職場の飲み会にも出ないし、年賀状も出さないし。そういう意味で、誤解しているかもしれないけど、なんか自分のことのように感じながら読んでしまった




p47.私は汁が好きなので、ラーメン屋でも麺抜きを頼みたいのですが、それも 失礼なような気がしていい出せないでいます


p70.ものを捨てることは、私にとって主義でも美学でもありません。無駄が嫌いなんです。スッキリしたいだけなんだと思います


p71.何でもかんでも捨ててしまう私を病気みたいに思っている人もいるようですが、病気にみられようがどうだろうが、自分自身としてはどうでもいい。好きなことをしているだけですから、他人の目はあんまり気にならないんです。人の目を気にしていると、ストレスがたまって自然に生きることができないんです


p77.考えごとをしているときには、周りの音がすごく気になります。騒音や他の人間の生活音は苦手です。ですから、ものがないのと同じように音もないほうが精神的に落ち着きます。しかし、厳密には無音状態は自然界には存在しません


p96.本棚に並べるとばらばらになってしまって、すごく気持ちが悪いんです。それで、カッターで本の上と下を切って、背丈を揃えていったことがあります。本棚に整然と並んだ判型の違う本をみたときは、本当に気持ちがよかった。苦労して大きさを揃えた本もいまは処分してしまいました


p106.日常生活がイヤになってくると、逃げ出したくなって旅に出る。結果として、旅が転機になったり、リセット効果をもつことがあると思います


p168.つい、挨拶したいと思ってしまった。私はその先生の漫画や絵が大好きで、その先生にも私にいい印象をもってもらいたいと思ってしまったんですね。「大ファンです」なんてつい、挨拶をしてしまった。そういう擦り寄るようなことが基本的にすごくイヤなのに、思わずやってしまったんです。正直、後味が悪かった。思いを伝えられたという気持ちもなくはなかったんですが、好きな漫画家の先生に媚びてしまった自分が許せず、自己嫌悪に陥りました


p169.私も、土地がほしいんです。田舎にだだっ広い土地をもち、牧草地にして牛を飼う




20111028224350


google adsense

関連記事

no image

蛯谷敏「三井物産 人材活性プラン、そろり始動 (現場力)」日経ビジネス2009年5月18日号

社員が同質であることの限界。視野を広げる 部門を横断して様々な経験を退職の危うさなしに可能とする、社

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第4巻 精神保健」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(5/11) この試験には悪問が多い。正答を予定せずに問題を作るという無計画な

記事を読む

no image

佐々木紀彦「米国製エリートは本当にすごいのか?」東洋経済新報社

20120501004816 著者のスタンフォード大学への留学記。に近い。留学にかこつけて

記事を読む

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

no image

渡辺賢治「日本人が知らない漢方の力」祥伝社新書

20120915111952 これを読むと、大したことのない病気でも漢方の専門医に診てもら

記事を読む

no image

タイラー・コーエン「インセンティブ」日経BP社

期待したほどの面白さではない。洋書に特有なうんざりするほどの寄り道。この半分の量に収まる程度の内容。

記事を読む

no image

日下公人「もっと頭のいい『生き方』をしろ!」三笠書房

20050920025730 また、少し古い本を読んでしまった。2001年に刊行された本

記事を読む

no image

夏川賀央「時間泥棒を探せ!」扶桑社

著者は60分というけれど、この程度の濃さであれば40分くらいで読み終わりたい。内容は平易だし、言われ

記事を読む

no image

日本科学者会議「地震と津波」」本の泉社

20140916183550 地震と津波―メカニズムと備え著者 : 本の泉社発売日 : 2012-

記事を読む

no image

野中広務・辛淑玉「差別と日本人」角川書店

発刊されたことはかなり話題となったよく売れたように感じる。いま図書館で借りると、複数の在庫が、誰から

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑