中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

公開日: : 書評(書籍)



もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリッツを読んでいた。「伝染るんです。」とかの頃。いちばん好きだったのが「じみへん」


しかし、この本を読んでしまうと、違う。決して「じみへん」を読むだけで思っていた作者のイメージとは違う。すごくまじめな、確かに神経質そうではあるが、ゆるい、というよりは、むしろその逆の感触。著者のありのままの考えが吐露されているのを見るのが、実は少し怖かったりした


これでいて、ご結婚されているということで、奥様とどのように折り合っているのかというところが、読み進めていくうちに気になってきた。中盤にその辺の言及もされているのが、溜飲が下がる。やっぱり、すごく気を遣っている人なんだな


特に、尊敬している先生に対して告白をしてしまった、後味の悪い思いをしたとか、なぜか共感が半端ない。自省してみると、私も、物理的な周辺の片付けは苦手だが、人間関係に関しての「もたない」は負けてないよな。同期会とか、職場の飲み会にも出ないし、年賀状も出さないし。そういう意味で、誤解しているかもしれないけど、なんか自分のことのように感じながら読んでしまった




p47.私は汁が好きなので、ラーメン屋でも麺抜きを頼みたいのですが、それも 失礼なような気がしていい出せないでいます


p70.ものを捨てることは、私にとって主義でも美学でもありません。無駄が嫌いなんです。スッキリしたいだけなんだと思います


p71.何でもかんでも捨ててしまう私を病気みたいに思っている人もいるようですが、病気にみられようがどうだろうが、自分自身としてはどうでもいい。好きなことをしているだけですから、他人の目はあんまり気にならないんです。人の目を気にしていると、ストレスがたまって自然に生きることができないんです


p77.考えごとをしているときには、周りの音がすごく気になります。騒音や他の人間の生活音は苦手です。ですから、ものがないのと同じように音もないほうが精神的に落ち着きます。しかし、厳密には無音状態は自然界には存在しません


p96.本棚に並べるとばらばらになってしまって、すごく気持ちが悪いんです。それで、カッターで本の上と下を切って、背丈を揃えていったことがあります。本棚に整然と並んだ判型の違う本をみたときは、本当に気持ちがよかった。苦労して大きさを揃えた本もいまは処分してしまいました


p106.日常生活がイヤになってくると、逃げ出したくなって旅に出る。結果として、旅が転機になったり、リセット効果をもつことがあると思います


p168.つい、挨拶したいと思ってしまった。私はその先生の漫画や絵が大好きで、その先生にも私にいい印象をもってもらいたいと思ってしまったんですね。「大ファンです」なんてつい、挨拶をしてしまった。そういう擦り寄るようなことが基本的にすごくイヤなのに、思わずやってしまったんです。正直、後味が悪かった。思いを伝えられたという気持ちもなくはなかったんですが、好きな漫画家の先生に媚びてしまった自分が許せず、自己嫌悪に陥りました


p169.私も、土地がほしいんです。田舎にだだっ広い土地をもち、牧草地にして牛を飼う




20111028224350


google adsense

関連記事

no image

佐久協「高校生が感動した「論語」」祥伝社新書

20070517001200 孔子ってあんまり好きじゃない。なんか言っていることが破綻して

記事を読む

no image

中山真敬「たった3秒のパソコン術」三笠書房知的生きかた文庫

20090226215800 ときどき、こういうのを虚心坦懐に眺めてみるのもいい。パソコン

記事を読む

no image

米山公啓「すべてがうまくいく8割行動術」ソフトバンク新書

著者が確か、日経ビジネスかなにか、ビジネス誌にコラムを書いていたか何かで手にした本。「医師+作家」の

記事を読む

no image

ダイヤモンド社編訳「世界で最も偉大な経営者」ダイヤモンド社

これを読むと、偉大な経営者は時代の波にうまく乗った者ということができるのではないかと思う。そうでない

記事を読む

no image

団藤重光「法学の基礎 第2版」有斐閣

20120211212529 久しぶりにこんな硬い本読んじゃったなあ。基礎というものの、難しくて最

記事を読む

no image

門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

20071228060000 正直、この本には後悔している。自分の信頼するある書店にて平積

記事を読む

no image

BS朝日・矢動丸プロジェクト編「賢者の選択」ソフトバンクパブリッシング

国内旅行で温泉旅館に泊まったとき、夕食に謎の食前酒が出てきて思い切って飲み干すことがある。この本はそ

記事を読む

no image

J・A・バーンズ「アミスタッド」ポプラ社

映画「アミスタッド」を忠実に小説化したもの。未成年向けのようだ。しかしだからこそエッセンスがしっかり

記事を読む

no image

今北純一「とどめのひと言」PHP

久々に興奮して読み終えた本。こういうのはじっくりと読んでしまうのでなかなか早く読めないと同時に、本を

記事を読む

no image

著者本人の視点/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房④

20130323013620 著者の作家本人の視点での経験を教えてくれるのが面白い 入学

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑