金川千尋「危機にこそ、経営者は戦わなければならない!」東洋経済新報社

公開日: : 書評(書籍)



思っていたよりもあっさりした内容。しかし実績を出しているから自信にあふれた物言いであり、読んでて気分がいい


お祭りやパーティーは好まないところは好感


CIがダメだと言うので、IRについての評価も期待していたら、逆に大事と言われた。肩すかしを食らった。アメリカのコンサルに無駄金を使うというのともかく、むしろ逆のような気もするけど


人員は大事にしつつ、その前後ではしっかりとしているメリハリがいい。採用は無闇に行わないとか、逆にクビを切ることも意識的に、適切な処遇で断行する状況が描かれている




p141.企業の合理化について、私の基本的な考え方は、少数精鋭主義ということになります。20人分の仕事をする一人のプロを育てるということです。私はこのことを話すとき、いつも戦闘機のパイロットにたとえるのですが、太平洋戦争で開戦当時の日本海軍のパイロットは、ゼロ戦一機で敵を10機も落としていたといいます。職種にもよりますが、知的労働においては10人分以上の働きをする人は実際にいるものです。例えば営業では、一人で10人分も20人分も売る人がいます


p144.また、間接部門にもムダな人員は置いていません。ムダを取り除く極意は、不要な部門を置かないように、最初から企業運営を考えるということです。例えば、シンテックには売上代金の回収について専従の者はいません。私の女性秘書が回収係もやってくれているからです。彼女の場合、私がアメリカの事務所に常時いるわけではないので、そんなに秘書の仕事は多くありません。そこで、回収の仕事も頼んでいるわけです。私はいわゆるコレクション(回収)・マニュアルをその秘書に教えたのですが、彼女はこれを忠実に実行し、なかなかの成果を上げています。例えば今月の末に支払日が来るならば、1週間ないし10日前にそのことを先方にさりげなく伝える。それから、支払日から、1日、2日過ぎても入らないようなら、すぐ電話する。相手はお客さんなのだから絶対に自分が怒ってはいけない。また相手を怒らせないようにする……などという具合です。今では、彼女は回収のベテランです。お得意先の担当者の顔はもちろん、誕生日まで知っていて、花束などを贈っているようです。このように、普段から彼女は担当者との良好な関係をつくっているので、電話一本で、実にうまく回収しています。彼女がいれば、資金回収については専従の人間など不要なのです


p153.私が社長になる前の1980年代後半、当社はCI(コーポレート・アイデンティティー)に40億円以上も使ったことがありますが、私はムダなことだったと思っていました。あのときにやったことと言えば、海外ロケまでしてテレビCMをつくったりなど、およそ素材メーカーらしくないことばかりでした。それで現在も残っているものと言えば、社名のロゴをつくって、看板や名刺を変えたことぐらいで、そのほかには何も実がありません。あれは、アメリカから来たCIの専門家だという妙な人たちの言うがままになり、結局は金をむしりとられたようなものでした。40億円もあれば研究所が2つもつくれます


p172.これ以降、私が社長として直接シンテックを経営することにしました。このときからシンテックは業績を伸ばし始めたのです。私はこの経験から、それがたとえ外国であっても、経営を人任せには出来ないと思うようになりました。アメリカでは部下が「アメリカではこうだ」と言うことがありますが、「あなた方はローカルなんだ。インターナショナルではこうなんだよ」とぴしゃりと言います。すると、彼らは忠実にボスである私の指示に従います。リーダーに適性がなければ、自分でやったほうが早いわけです。使えない人を採ってしまえば、事後処理に大変なエネルギーを必要としてしまいます。それを考えれば、自分の時間をさらに節約し、自分でやったほうがはるかに早いし確実です。海外でも自分の経営哲学を貫くべきなのです


p217.私は”お祭り”には参加しません。例えば、オランダの会社を買収する際、その契約が締結されるときもそうでした。1年半もかかった交渉が終わり、1999年末に最終的にすべての条件が整ったので、契約締結の運びとなりました。契約を締結するため、先方はロンドンへ来てくれと言ってきたのですが、そうなれば、当然のように契約締結のパーティーのようなものが行われるでしょう。でも、私は、「勘弁してくれ。契約のサインはファクスでやるから」と言って、締結式はやめてもらいました。出来れば、こうしたことで私は動かないようにしています。本当は当然行くべきで、いろいろな人と会うことも大切なのですが、私はより重要な案件に時間を使いたいのです。というのも、このような仕事に参加すると体が大変に疲れるからです。それで事実上数日間はほかの仕事が出来ません。そこで、悪いとは思いましたが、サインはファクスで済ませ、お祭りは遠慮させてもらいました


p218.夜の会合やお付き合いのようなパーティーには、原則として出ないようにしています。ただし、昼間のものは出ることがありますし、大事な人に会う場合や、勉強になるトップとの会合など、例外的なものには夜でも出席します




20111109221940





google adsense

関連記事

no image

毛受敏浩「人口激減 移民は日本に必要である」新潮新書

20111123203247 図書館で新着として並んでいたのをたまたま入手。人のダイナミックな動き

記事を読む

no image

芦永奈雄「コミュニケーション力を高める文章の技術」フォレスト出版

20100918215229 文章の技術、というよりは、一言、「言いたいことを探せ」という

記事を読む

no image

鈴木理生「東京の地理がわかる事典」日本実業出版社

じっくりと1ページ1ページ読み込んでしまう良書。本当かどうか分からないが、かなりマニアックな内容で、

記事を読む

no image

杉山勝行「10人の達人に学ぶセルフブランドの創り方」三修社

昔読んだものを再読したもの。昔のチェックと今回のチェックの内容が微妙に異なっている。過去にチェックし

記事を読む

no image

ウィリアム・リード「記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術」フォレスト出版

20060830014300 読書術や自己啓発に関する本は結構読む。そしてその中でよく出て

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

20050701213500 山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない

記事を読む

no image

タル・ベン・シャハー「ハーバードの人生を変える授業」大和書房

原題はEven Happierらしい。しかし、邦訳では、ハーバード大学の講座の内容であることの宣伝が

記事を読む

no image

日本科学者会議「地震と津波」」本の泉社

20140916183550 地震と津波―メカニズムと備え著者 : 本の泉社発売日 : 2012-

記事を読む

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①

20071119060000 大昔に買っていたのだが、最近まで読まなかったこの本。そろそろ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑