鈴木宗男「渦中のひと 鈴木宗男元衆議院議員の告白 ロシア外交の灯を再び」日経ビジネス2011.11.28

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(雑誌), 有罪判決, 日経ビジネス



20111129234013


現在、喜連川にて収監中という。そこで、ここまでの主張ができるとは驚く。しかも、収監から約1年が経ち、そろそろ出所すると見られるという。時の経つのは早い。刑期満了から5年間は被選挙権がないというが、その後の国政選挙では当選間違いないだろう


この記事の立て付けがよくわからない。記者の名前は一切ない。鈴木氏の手記ともヒアリングともいう。そして、丁寧な断り書きで曰く、「なお、鈴木氏の主張の正当化や、出所後の活動の支援を目的とするものではない」。一方で、時が解決する国政復帰を、「道のりは険しい」と表現するものだろうか


企業献金と団体献金の禁止は是非実現したい。日本の会社のオーバープレゼンスは勘弁して欲しい。会社は、営利のための仕組みであり、政治活動は不適切だ。また、外国人の献金がいけないのなら、企業のオーナーシップを考えれば「日本の会社」の献金も怪しいものだ




・衆議院の小選挙区を300から200に削減するなどの思い切った改革を提案します。政治とカネの問題も、企業献金と団体献金を禁止して、個人献金とパーティーだけにする。幅広く政治に参加してもらうわけです


・駐留米軍の74%が、日本の国土の0.6%しかない沖縄県に集中している。そこで私は1996年、実射訓練地の移転を、選挙区にある矢臼別演習場で受け入れました。落選覚悟のことでした


・沖縄における多くの出来事や人間関係のうえに、普天間問題があるのです。今の政治家で、日頃から沖縄の方々とつき合っている人はどれだけいるでしょうか。ポストに就いてからでは遅いのです。平和の配当は、日本全体で負担軽減を考えるべきです


・プーチン氏は人情味のある方だと感じています。新政権になった時は、経済協力や極東ロシア開発を進めるべきでしょう。特に、北方4島における経済活動。資源大国ロシアと、応用技術世界一の日本が協力すれば、世界経済にも貢献していく。その延長線上に、北方領土問題の解決があると思っています


・財源の問題が騒がれますが、政治判断でお金は作れるんです。全国の遊休国有地や施設を売却すれば、10兆円ぐらいは捻出できます。国の資産である日本郵政の株式だけで売却益が約10兆円近く見込めます。景気が低迷する中で、増税してどうなるというのでしょうか


・人生、思い通りには進まないものです。挫折や失望を味わっている人たちに、「頑張っていれば、逆転だってある」というエールになる人生を歩みたい。それが、私を信じて、支え続けてくれた人々への恩返しでもあります。私は諦めません


google adsense

関連記事

no image

鈴木棟一「民主をまねて自民が大揺れ 世襲制限めぐる対立の行方(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2009/06/06

最近、気になる ・自らは秋田から集団就職列車で上野駅に着き、東武東上線の沿線のベニヤ工場で働き

記事を読む

no image

田村俊一、小谷昌幸「検証・オリンパス問題 働かなかった外部チェック」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120104090409 見えている会社や国民の困窮に手をさしのべることは、目の前のことであっ

記事を読む

no image

佐藤優「小さな出世に拘泥せず大きな出世をつかめ(知の技法 出世の作法 第240回)」週刊東洋経済2012.04.07

20120908235231 どこかで一廉のものがないといけないというとき、このような信頼とか

記事を読む

no image

佐藤優「日本を危機から救う国際エリートの育成(第225回知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2011.12.17

20111215001135 ほんと、この人の多作と教養には感服する。いつも目を見開きながら楽しみ

記事を読む

no image

山口二郎「アメリカの大変革は日本にも波及する(FOCUS政治)」週刊東洋経済2008.11.22

20090104011300 記事の内容とは全然関係がないけれど 一見して、うまい表現!と思って

記事を読む

no image

リチャード・カッツ「外資ファンドのように日本の株主も声を出せ(世界の視点)」週刊東洋経済2007.8.11-18

昔読んだ本に、日本の近代産業勃興期の電力会社や鉄道会社の買収などを扱ったものがあった。そういうことは

記事を読む

no image

佐藤優「「若いやつを鍛える」で組織は維持できない(知の技法 出世の作法 第249回)」週刊東洋経済2012.06.16

20120904234111 外務省という組織で最終的に失職とはなった。それでもその後にこの人

記事を読む

no image

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいる

記事を読む

no image

大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

20070508220200 リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気の

記事を読む

no image

飯泉梓「ユナイテッドアローズ 顧客の声、商品と接客で表現(戦略 顧客志向)」日経ビジネス2005年8月1日号

ユナイテッドアローズ(UA)の経営改善のポイントを3ページの記事にまとめたもの 最初の徹底した調査

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑