鈴木宗男「渦中のひと 鈴木宗男元衆議院議員の告白 ロシア外交の灯を再び」日経ビジネス2011.11.28

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(雑誌), 有罪判決, 日経ビジネス



20111129234013


現在、喜連川にて収監中という。そこで、ここまでの主張ができるとは驚く。しかも、収監から約1年が経ち、そろそろ出所すると見られるという。時の経つのは早い。刑期満了から5年間は被選挙権がないというが、その後の国政選挙では当選間違いないだろう


この記事の立て付けがよくわからない。記者の名前は一切ない。鈴木氏の手記ともヒアリングともいう。そして、丁寧な断り書きで曰く、「なお、鈴木氏の主張の正当化や、出所後の活動の支援を目的とするものではない」。一方で、時が解決する国政復帰を、「道のりは険しい」と表現するものだろうか


企業献金と団体献金の禁止は是非実現したい。日本の会社のオーバープレゼンスは勘弁して欲しい。会社は、営利のための仕組みであり、政治活動は不適切だ。また、外国人の献金がいけないのなら、企業のオーナーシップを考えれば「日本の会社」の献金も怪しいものだ




・衆議院の小選挙区を300から200に削減するなどの思い切った改革を提案します。政治とカネの問題も、企業献金と団体献金を禁止して、個人献金とパーティーだけにする。幅広く政治に参加してもらうわけです


・駐留米軍の74%が、日本の国土の0.6%しかない沖縄県に集中している。そこで私は1996年、実射訓練地の移転を、選挙区にある矢臼別演習場で受け入れました。落選覚悟のことでした


・沖縄における多くの出来事や人間関係のうえに、普天間問題があるのです。今の政治家で、日頃から沖縄の方々とつき合っている人はどれだけいるでしょうか。ポストに就いてからでは遅いのです。平和の配当は、日本全体で負担軽減を考えるべきです


・プーチン氏は人情味のある方だと感じています。新政権になった時は、経済協力や極東ロシア開発を進めるべきでしょう。特に、北方4島における経済活動。資源大国ロシアと、応用技術世界一の日本が協力すれば、世界経済にも貢献していく。その延長線上に、北方領土問題の解決があると思っています


・財源の問題が騒がれますが、政治判断でお金は作れるんです。全国の遊休国有地や施設を売却すれば、10兆円ぐらいは捻出できます。国の資産である日本郵政の株式だけで売却益が約10兆円近く見込めます。景気が低迷する中で、増税してどうなるというのでしょうか


・人生、思い通りには進まないものです。挫折や失望を味わっている人たちに、「頑張っていれば、逆転だってある」というエールになる人生を歩みたい。それが、私を信じて、支え続けてくれた人々への恩返しでもあります。私は諦めません


google adsense

関連記事

no image

井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

昨日の"宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3

記事を読む

no image

中島募「政府がNHKに拉致問題の放送を命令 効果を期待、57%が賛成」日経ビジネス2006年11月27日号

20061130001000 当のNHKを初めとして、こういう「報道の自由」に触りそうな事件につい

記事を読む

no image

齋藤孝「勝つか破産かモノポリーで知る資本主義の本質」週刊ダイヤモンド2005/06/11

先日、この連載の前回分において五芒星と六芒星を間違えているのではないかという指摘をした。その後、知人

記事を読む

no image

池田光史ほか「偏差値で測定不能な唯一の存在 政財官に深く進出する創価大学(特集 大学全比較)」週刊ダイヤモンド2012/09/29

20120928000456 大学特集なんてのをこんなビジネス誌がやる必要があるのか。って

記事を読む

no image

「IPOから疑え! 歪められた『価格発見機能』公募株求め個人殺到するが合理性欠いた株価変動も」週刊東洋経済2006.2.4

週刊東洋経済という雑誌に対する評価は見極めがたい。ビジネス・スキャンダルの萌芽をしつこく追いかける姿

記事を読む

no image

岩井聡「日本人が面白いと思うものは世界で見ても「面白い」! 特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

人事を尽くして天命を待つ、といういい方がある 岩井社長の話は、常に気づきを与えてくれる、ような気が

記事を読む

no image

早野透「田中角栄 戦後日本の悲しき自画像」中公新書

20130405231712 これを読んだのは田中真紀子が落選したのがキッカケかもしれない

記事を読む

no image

池田信太朗「強いリーダー 良品計画松井忠三会長 V字回復へ柔和な豪腕」日経ビジネス2008年7月21日号

こんなこと、実際にあったのだから恐ろしい。しかもブランドが比較的しっかりしていると思われた無印良品で

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「特集 団塊離婚と非婚ジュニア シングルライフの生涯収支」週刊ダイヤモンド2007/05/12

今週の週刊ダイヤモンドは確実に定価の数倍の価値がある。いつもと違う内容に、頬が緩みっぱなしだった。

記事を読む

no image

齋藤孝「五芒星の魔力?単純労働が快感に変わる瞬間」週刊ダイヤモンド2005/06/04

この方の文章に対する評価は難しい。私の食わず嫌いのところは認める。しかし、どうも心に響いてこない。

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑