佐藤優「日本を危機から救う国際エリートの育成(第225回知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2011.12.17

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(雑誌), 有罪判決, 週刊東洋経済, 佐藤優



20111215001135


ほんと、この人の多作と教養には感服する。いつも目を見開きながら楽しみに読むシリーズのコラムだ


お説のとおりにTPPで学歴社会になるかどうかはわからない。しかし学歴社会が昔よりも浸透している、特に、どこの大学のどこの学部かという横比較だけでなく、むしろ、学士か修士か、Ph.D.かということが重要になってきていることを実感する


自分は、幸い修士まで持つことができたが、実は、これまでと違う分野で、あわよくば何らかの手段でもう少し上の学位が欲しくて堪らなかったりする。やっぱりPh.D.って素直に羨ましい。大体、ちょっとした文献でも大体、このクラス未満によるものは見かけないし。あくまで日経の経済教室のイメージだけど


その理由についても同意する。学問を進めるほどに、調べ方、理屈の作り方、まとめ方、動き方、その他、周辺のさまざまな知識を身につけられ、その専門分野に打った楔を利用して横への展開もできる


国境を越えての学問であればなおさら。社会制度の違いを肌で感じ、高等な学問が実は名ほどのものではない、実際の同級生が自分に比べて実は大したことないと知って度胸をつけるだけでも海外への留学はすべき


こういう学歴により知識を端的に示せると、発言に揚力が発生する。自分はメインとされる分野以外にも、保育士試験を経ての保育士資格と宅建を持っている。いずれも近ごろカネの臭いがするからという、非常に野卑な動機によるものではあるが、それでもその分野で一通りの知識を持つ前提で自由な発言ができる、と妙な自信を持っている。私の好きな法然のタイプの仕事ができるということだ。一見乱暴なことを言っているようだが、一通り勉強してきている人間が言うのだから一理あるのだろうと


そして、これも筆者の言うとおり、それまでの学究分野と異なる仕事をすることの醍醐味。ずっと井の中の蛙ではつまらない。あえて別の分野でそれなりの成績を出すことの爽快感


会社が履歴の浅い社員の育成にコストをかける余裕がなくなったということも同感。そういう社員は長期雇用における将来の勤務で、その恩返しをするような前提で就職していなかったりする




・これまでの「入学歴社会」と異なる本格的な学歴社会が初めて日本に到来する。エリートコースを目指す20代のがっついたビジネスパーソンには、最低限、修士号を取得する計画を立てておくことを勧める。すでに国際社会においては、日本の一流大学を卒業しても、学士号しか持っていなければ、エリートのサークルに加わることができない。筆者は、たまたま神学の修士号を持っていた


・修士号や博士号を持っていても、その研究テーマに関連した職業につく人は、研究職以外では一部だ。諸外国の外交官や政府高官でも、文学や歴史学など、現在の職業と関係のない修士号、博士号を持っている人がいる。それではなぜ、仕事に直結するわけでもないのに、国際基準の実務においてこれらの学位が評価されるのか。それは、学位を取得する過程で体得する知識と経験に、官僚やビジネスパーソンとして指導的地位に立つ人に不可欠なノウハウが含まれているからだ


・従来、日本で官庁や大企業の幹部になるために修士号や博士号が必要とされなかったことには、それなりの理由があった。官庁や大企業は、大学教育をまったく信用していない。能力がある大学卒業生を採用し、ビジネスパーソンとして役に立つ訓練をするという方式を取っていた。その結果、総合職や専門職で採用された人ならば、20代後半では修士号に、幹部になったときは博士号に相当する実力があると、国内外で認知されていた。それがもはや通用しなくなっている


・それには2つの理由がある。第一に、時間をかけて社員を教育する余裕が大企業になくなった。第二に、諸外国と比較して、日本の大学は現実の社会から極度に遊離した独自の知的文化を発展させたため、大学での勉強がビジネスでの有効性をほとんど持たなくなった


・TPPに日本が参加すると、これまで日本で通用した大学入試試験の偏差値を基準とする入学歴社会が、数年で通用しなくなると筆者は見ている




google adsense

関連記事

no image

池田信太朗「強いリーダー 良品計画松井忠三会長 V字回復へ柔和な豪腕」日経ビジネス2008年7月21日号

こんなこと、実際にあったのだから恐ろしい。しかもブランドが比較的しっかりしていると思われた無印良品で

記事を読む

no image

後藤忠政「憚りながら」宝島社

ヤクザの歴史や論理が分かって興味深い。なぜ昔のヤクザは顔に傷があるのか。なぜ山口組が大きな組織となっ

記事を読む

no image

田村俊一、小谷昌幸「検証・オリンパス問題 働かなかった外部チェック」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120104090409 見えている会社や国民の困窮に手をさしのべることは、目の前のことであっ

記事を読む

no image

片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かった

記事を読む

no image

吉川洋「低すぎるサービス業の生産性(経済を見る眼)」週刊東洋経済2007.5.19

最近、週刊東洋経済がおもしろい。今週号の「未来時給」という特集も興味深かった。いつもは読まない人も今

記事を読む

no image

佐藤優「自壊する帝国」新潮文庫

筆者の単行本として読んだのは2冊目 佐藤優「国家の罠-外務省のラスプーチンと呼ばれて-」新潮文

記事を読む

no image

「トヨタ自動車社長渡辺捷昭(Key person interview)」週刊東洋経済2005.7.23

20050721180200 トヨタの新社長に対するインタビュー記事。掲載された上半身の写真で、渡

記事を読む

no image

佐藤優「「若いやつを鍛える」で組織は維持できない(知の技法 出世の作法 第249回)」週刊東洋経済2012.06.16

20120904234111 外務省という組織で最終的に失職とはなった。それでもその後にこの人

記事を読む

no image

林南八「カイゼン寓話『お婆ちゃんの七面鳥』当たり前のことに疑問を持て」週刊東洋経済2006.3.11

筆者の肩書きは「トヨタ自動車技監」。”トヨタ自動車の誇る生産管理の「神様」”とのサブタイトルもある

記事を読む

no image

野口悠紀雄「われわれは生活防衛策を真剣に考える必要がある(『超』整理日記430)」週刊ダイヤモンド2008/09/20

このコラムにおける日本に対する著者の傾向は前からかなり悲観的であるが、今回は悲観そのもの。本旨とは違

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑