山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫

公開日: : 書評(書籍)



20111224103333


山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 | hiogの次の巻


ガスタービンの話を、大震災後の電力供給不安のなかで自家発電で注目されていたところで見たのが印象的。多摩六都科学館にも模型があり、インフラ好きとしては欲しかったりする


フェイルセーフの思想とその当てはめに関する信号の話は、いまでも最も印象に残っている。手元にフォトコピーで控えを取った。人間は頼りにならず、機械にまかせる。機械が監視しているときだけ安全に物事を進め、機械が止まってしまうときには、物事も止めてしまい暴走させないようにする。分かってみれば当たり前のことだが、意識しなければ知ることもできない




p20.1973年にラオスで2万ボルトの配電線工事中に感電しました。手違いでスイッチを入れられた。背中から火花が出るのが見えたそうで、上着の背中が全部溶けました。少なくとも100アンペアは流れた。感電による火傷は、体の内部なので外から見てもわからないんです。しばらくして手がハムのようにぶくぶくに腫れ、重くて苦しくて「切断してくれ!」と叫んだそうです


p52.津軽海峡は日本海から太平洋に抜ける一方通行の潮流が主なんですが、これが非常に速く6ノット。人間の歩行の3倍です。深度も最深部で約300メートルある。霧もよくかかる


p59.わが社も加わった国際共同開発の「V2500」というジェットエンジン、エアバスA320などに使われていますが、開発費は約4000億円。投資の回収には15-16年かかる。これだけお金がかかっていて、しかも高性能でコンパクトなエンジンを、他の用途に使わない手はない。ムリして使っているわけじゃないんです


p67.今日を見越し、1971年のB滑走路延長時に、この12車線分のトンネルだけは完成していたんです。トンネルというより滑走路下の巨大空間ですね。滑走路の下を後から掘るわけにはいきませんので。もっとも今回、その補修が大変でしたが


p105.人類が火を使い始めたころ、獣が寄ってこないよう夜も火を絶やさなかった。これも青信号なんです。火がついているときが安全


p107.「安全」って実に抽象的なものなんです。英語でも危険は「ザ・ハザード」と定冠詞がつくが、「セーフティ」にはつかない


p108.安全だけは機械に任せたほうがいい。人間がヒューズの代わりに電流計の張りを1日中見ているなんて、とてもできない。「何かあったら止めてください」とお願いしたって、人間はもっと楽しいことをやるようにできているわけで、そんな寂しい仕事に神経を集中するようにできてないんです。たまたまできたとしても、人間は、元来そんなに頼りになるものじゃないんです


p137.リンガーハットでは、キャベツをアクア・ジェットで切ってます。ノズルをくし型につけたラインにキャベツを流し、いっぺんに切っちゃう。社長は、「刃物の刃先は必ず欠ける。その破片がお客さんの口に入るようなことは絶対あってはならん」というのでアクア・ジェットカッタを買われた。あんな高いものをお買いになるとは、偉い決断ですねぇ


p138.鉄筋コンクリートのコンクリート部分だけ切り取り、鉄筋を残すこともできる。水ならでは、ですね


p147.時計は3つ使ってますから3つとも間違えることはないでしょう


p269.通訳者としての能力は女性のほうが明らかに高い。科学的根拠はないんですが、経験則で断言できます




google adsense

関連記事

no image

ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店

200506120133 面白い。 自分で年をとったと感じる。文字の並べ替えなどの言

記事を読む

no image

門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

20071228060000 正直、この本には後悔している。自分の信頼するある書店にて平積

記事を読む

no image

シティランナー編「ゼロからのマラソン」学習研究社

マラソンを最近考えていて、基礎的な理解のためにまず手に取った本。確かにタイトルどおりの内容。はじめて

記事を読む

no image

小林秀之・神田秀樹『「法と経済学」入門』弘文堂

20121230083453 かなり古くなってしまった。しかし、現在も価値を感じる。各項で

記事を読む

no image

樋口健夫「稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術」日科技連出版社

延べ2日、実働は4時間くらいで読んだ。ノートやPCに対して脳の記憶機能を譲り渡し、脳に対してより重要

記事を読む

no image

池田信夫「ハイエク 知識社会の自由主義」PHP新書

ハイエク全集がまた出版されている。前回に購入している身には、うれしいような寂しいような、身勝手な感情

記事を読む

no image

高橋秀実「やせれば美人」新潮文庫

ダイエットについての動きがおもしろく書かれている。特に男性である夫から見た女性である妻のダイエット。

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①

20071206060000 当時かなり評判の本。早期に買ったが、なぜか今まで読まずにおい

記事を読む

no image

蔵研也「リバタリアン宣言」朝日新書

軽く読むことができる。タイトルから想像するとおりの内容。リバタリアンの考え方を理解する入門書としてよ

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社

徳川政権の立ち上がりに昔から興味があった。しかし、そういうものを読んだことはなかった。何十巻にもなる

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑