篠原匡「マネジャーを助けるトラッカー 抜け漏れ防ぐ”追跡者”(経営新潮流)」日経ビジネス2012.1.16

公開日: : 書評(雑誌), 日経ビジネス



20120218102525


プレイングマネジャー。プレイに夢中でマネージが疎かになる。このマネジャーの役割を秘書によって補充したという事例


事実上のこととしてはありがち。この事例でもあるような、秘書だったり、または地域で雇用している女性事務職が、こういった役割を担ううちに誰よりも業務のロジスティクスに知悉してしまう。その後、その人にはグッドエンドとバッドエンドのどちらかが用意されている。お局様的な安泰な立場に出世することもあるし、職場での女性差別解消とかコスト削減といった昨今の構造的な要因により、派遣に入れ替わってしまったり。しかしいずれも職場を所有者の立場から見たら微妙だ。後者の場合には人に蓄積されたナレッジが断絶してしまうが、前者もその人が結婚などで退職してしまうと、やっぱりノウハウは途絶えてしまう


そんな地域雇用の女性事務職の役割を、割り切って開き直って、制度としてしまった。半導体製造装置大手のディスコ


会議に参加できない場合には、参加者から聞き取って追跡するというから、プレイに夢中なプレイングマネジャーにとっては至れり尽くせりだ。しかも「うっとうしい存在」という役目まで引き受けてくれるときた。プレイングマネジャーは、プレイするために部下や同僚に対して悪役にはなれない。パワハラの問題もある。スケープゴート的に上司の孤独も引き受けてくれる


これでマネージでなく、プレイに注力できる者は、表面上の多忙を謳歌し、それを言い訳としてマネージを行わないものの、戦術面では大活躍するんだろう。主将で4番でピッチャーとして。しかし、これで監督になれるのだろうかと思う




・組織の課題や宿題を拾い集め、整理、周知していくことがトラッカーの主な役割だ。トラッカーとは「トラッキングする人(追跡する人)」という意味の造語である


・チームリーダー会議など部内の会議に参加、会議中に議事録をまとめ、話題に上った課題や宿題を抽出し、最後に読み上げる。会議に参加できない場合は参加者に取材して課題を集めるというから徹底している


・社長AR(Action Required)の締め切りは月末。それまでに回答できれば、社内の管理会計制度上のルールで100万円の報奨が得られるが、回答できなかった場合は、逆に社長室に100万円の罰金を払うことになる


・トラッカーは全社で60人を数える。勤務地の変更がない事務所で採用された女性がメーンで、約2カ月の研修を受けた後、トラッカーを必要としているマネジャーのところに派遣される。今では、ほぼすべての部署にトラッカーがおり、通常業務とトラッカーをかけ持ちしているケースがほとんどだ


・成功事例は、トラッカーを集めて半期に1度開催する会合、All Tracker Meeting (ATM)で共有する


・トラッカー制度は2007年1月、関家社長の鶴の一声で生まれた。当時、ディスコでは案件の伝え漏れや問題発見の遅れ、立ち上げたプロジェクトが完遂しないといった問題が目立っていた。原因がプレイングマネジャーの増加にあると見た関家社長は、多忙なマネジャーに代わって進捗管理を代行する存在が不可欠と考えた


・トラッカーは初めのうち、部長やメンバーに煙たがられた。放置されている課題や宿題を認知させることは大切だと理解しているが、部員の中からは「余計な指摘をされなければそのままやらなくて済んだのに」といった不満も漏れた。会議や取材で根掘り葉掘り進捗状況を確認するトラッカーを「うっとうしい存在」と思う部長や部員もいた


・トラッカー導入に際しては、「そもそもマネジャーの役割ではないか」という声も出た。確かに、課題や宿題を部下に割り振り、進捗を管理するのは管理職の本業だ。ただ、プレイングマネジャーが多い同社の実情を考えると、それはあまりに理想論。課題の回収や整理、周知徹底はトラッカーに任せた方が得策と関家社長は判断している


google adsense

関連記事

no image

「注目の高濃度ビタミンC点滴ガン治療には効果があるのか(特集超健康術)」週刊ダイヤモンド2011/12/31・2012/01/07新年合併号

20120114003115 今週号は力が入っている。この特集は面白い。読者層にうまくピントをあわ

記事を読む

no image

菅原雅信ほか「化粧なき素顔をさらす(特別企画 人材奔流)」日経ビジネス2008年3月3日号

20080430060000 プロというのはいったい何だろうかと思わせる記事。やはり、「その人でな

記事を読む

no image

原田泰「インセンティブが働かない日本社会(The compass)」週刊東洋経済2006.6.10

できないことを「できる」という。現実と建前が違う。こういうのってすごく多くて、すごく気になる 確か

記事を読む

no image

山川龍雄ほか「日系人という架け橋(特集ブラジル)」日経ビジネス2006年12月18日号

今回のブラジル特集は、日経ビジネスにしては久しぶりにじっくりと読ませる内容だった 引用はその中の一節

記事を読む

no image

藤原秀次郎「専門家頼みではダメ/素人の『理屈』こそ宝(有訓無訓)」日経ビジネス2006年1月23日号

話し手は、しまむらの会長 我が意を得たり、というところ。専門家というのは一定の見方に凝り固まっており

記事を読む

no image

鎌塚正良「ザッポス・ドットコムCEO トニー・シェイ(編集長インタビュー)」週刊ダイヤモンド2012/01/14

20120117003345 ・私は自分のおカネのためにザッポスを経営しているわけではありませ

記事を読む

no image

兵頭誠「自主独立、みずほに溶け込まない」日経ビジネス2009年6月22日号

20090622213826 経営統合するというのに、関係が保たれる理由が、その下の事業会社が別だ

記事を読む

no image

大宅映子「本来あるべきゴルフの姿に」週刊東洋経済2005.7.23

20050722001100 ゴルフが接待用に調整されている日本の現状に対して憂いを表明する。現在

記事を読む

no image

辻広雅文「法人税減税というエゴ(プリズム)」週刊ダイヤモンド2006/11/11

筆者は本誌の前編集長のようだ このエッセイは何なんだろうと思った。凄い独自の見解な気がする。これが

記事を読む

no image

北川達夫「対話の手法 戦略的な仮面に対処するには(わかりあえない時代の「対話力」入門 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9

この連載は、ときに面白い。海外での経験、海外と交渉した経験を元に、対話について、平易で冷静な解説をし

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑