篠原匡「マネジャーを助けるトラッカー 抜け漏れ防ぐ”追跡者”(経営新潮流)」日経ビジネス2012.1.16

公開日: : 書評(雑誌), 日経ビジネス



20120218102525


プレイングマネジャー。プレイに夢中でマネージが疎かになる。このマネジャーの役割を秘書によって補充したという事例


事実上のこととしてはありがち。この事例でもあるような、秘書だったり、または地域で雇用している女性事務職が、こういった役割を担ううちに誰よりも業務のロジスティクスに知悉してしまう。その後、その人にはグッドエンドとバッドエンドのどちらかが用意されている。お局様的な安泰な立場に出世することもあるし、職場での女性差別解消とかコスト削減といった昨今の構造的な要因により、派遣に入れ替わってしまったり。しかしいずれも職場を所有者の立場から見たら微妙だ。後者の場合には人に蓄積されたナレッジが断絶してしまうが、前者もその人が結婚などで退職してしまうと、やっぱりノウハウは途絶えてしまう


そんな地域雇用の女性事務職の役割を、割り切って開き直って、制度としてしまった。半導体製造装置大手のディスコ


会議に参加できない場合には、参加者から聞き取って追跡するというから、プレイに夢中なプレイングマネジャーにとっては至れり尽くせりだ。しかも「うっとうしい存在」という役目まで引き受けてくれるときた。プレイングマネジャーは、プレイするために部下や同僚に対して悪役にはなれない。パワハラの問題もある。スケープゴート的に上司の孤独も引き受けてくれる


これでマネージでなく、プレイに注力できる者は、表面上の多忙を謳歌し、それを言い訳としてマネージを行わないものの、戦術面では大活躍するんだろう。主将で4番でピッチャーとして。しかし、これで監督になれるのだろうかと思う




・組織の課題や宿題を拾い集め、整理、周知していくことがトラッカーの主な役割だ。トラッカーとは「トラッキングする人(追跡する人)」という意味の造語である


・チームリーダー会議など部内の会議に参加、会議中に議事録をまとめ、話題に上った課題や宿題を抽出し、最後に読み上げる。会議に参加できない場合は参加者に取材して課題を集めるというから徹底している


・社長AR(Action Required)の締め切りは月末。それまでに回答できれば、社内の管理会計制度上のルールで100万円の報奨が得られるが、回答できなかった場合は、逆に社長室に100万円の罰金を払うことになる


・トラッカーは全社で60人を数える。勤務地の変更がない事務所で採用された女性がメーンで、約2カ月の研修を受けた後、トラッカーを必要としているマネジャーのところに派遣される。今では、ほぼすべての部署にトラッカーがおり、通常業務とトラッカーをかけ持ちしているケースがほとんどだ


・成功事例は、トラッカーを集めて半期に1度開催する会合、All Tracker Meeting (ATM)で共有する


・トラッカー制度は2007年1月、関家社長の鶴の一声で生まれた。当時、ディスコでは案件の伝え漏れや問題発見の遅れ、立ち上げたプロジェクトが完遂しないといった問題が目立っていた。原因がプレイングマネジャーの増加にあると見た関家社長は、多忙なマネジャーに代わって進捗管理を代行する存在が不可欠と考えた


・トラッカーは初めのうち、部長やメンバーに煙たがられた。放置されている課題や宿題を認知させることは大切だと理解しているが、部員の中からは「余計な指摘をされなければそのままやらなくて済んだのに」といった不満も漏れた。会議や取材で根掘り葉掘り進捗状況を確認するトラッカーを「うっとうしい存在」と思う部長や部員もいた


・トラッカー導入に際しては、「そもそもマネジャーの役割ではないか」という声も出た。確かに、課題や宿題を部下に割り振り、進捗を管理するのは管理職の本業だ。ただ、プレイングマネジャーが多い同社の実情を考えると、それはあまりに理想論。課題の回収や整理、周知徹底はトラッカーに任せた方が得策と関家社長は判断している


google adsense

関連記事

no image

山村武彦「過去の大災害が揃って周年を迎える不気味な年に(特集総予測2007)」週刊ダイヤモンド2006/12/30・2007/01/06新年合併号

代表性というか、たまたま周年の一致するものを集めた気がする。統計のマジックという部分で割り引いて読む

記事を読む

no image

林康史監修「Q&Aで読み解く必勝!投資の心理学」週刊東洋経済2006.4.8

この号の株投資の特集は面白くて一気に読んでしまった。その中で、この記事は最近流行の行動ファイナンスの

記事を読む

no image

佐藤優「「若いやつを鍛える」で組織は維持できない(知の技法 出世の作法 第249回)」週刊東洋経済2012.06.16

20120904234111 外務省という組織で最終的に失職とはなった。それでもその後にこの人

記事を読む

no image

塚越寛「トレンドに翻弄されず「社員の幸せ」を優先(有訓無訓)」日経ビジネス2007年9月3日号

200710130742 人を雇い、人を使うということは何と難しいことかと思う半面、その可能性を強

記事を読む

no image

白壁達久「白井智子 教育界のジャンヌ・ダルク(旗手たちのアリア)」日経ビジネス2012.1.16

20120218110316 このエピソードだけ目にとまった 白井の教育改革の原点は、幼少期

記事を読む

no image

北川達夫「対話の手法 戦略的な仮面に対処するには(わかりあえない時代の「対話力」入門 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9

この連載は、ときに面白い。海外での経験、海外と交渉した経験を元に、対話について、平易で冷静な解説をし

記事を読む

no image

山田昌弘「若者に厳しい民主党政権 若者を犠牲にした財政再建の意味とは?(THE COMPASS)」週刊東洋経済2012/03/31

20120911011303 若者に厳しく、高齢者に優しい。これをひっくり返すために、若者は、

記事を読む

no image

大橋洋治「未曾有の危機でこそ社員との直接対話を(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月7日号

日経ビジネスの巻頭に、それも目次よりも前に、このコーナーがある。大体いいことが書いてある。後ろのほう

記事を読む

no image

臼井真粧美ほか『「御三家」沈没!国内勢も大不振 オークラ内部崩壊の真相。国内老舗ホテルの惨状(特集 ホテル&旅館 大淘汰)』週刊ダイヤモンド2009/03/28

20090324225925 はいはい、衰退してください ・財界の次世代をつなぎ止められない

記事を読む

no image

堀越千代「ゲレンデに客を呼び戻した白馬五竜スキー場の挑戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2008.3.22

20080502060000 そのとおりだと思う。それが原因でスキーがあまり好きではなくなったよう

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑