白壁達久「白井智子 教育界のジャンヌ・ダルク(旗手たちのアリア)」日経ビジネス2012.1.16

公開日: : 書評(雑誌), 日経ビジネス



20120218110316


このエピソードだけ目にとまった




白井の教育改革の原点は、幼少期のオーストラリアでの生活と、帰国後の自らのいじめ体験にある。白井は父親の仕事の関係で4歳から8歳までの幼少期をオーストラリアで暮らした。現地の幼稚園に入るものの、当初は言葉が分からず、ほとんど無言のまま1年を過ごしたが、先生から「何か話しなさい」と怒られたことはなかった。オーストラリアでは黙っているのも表現として認められているからだ


オーストラリアで小学校を選ぶ時、駐在員の子供のほとんどが日本人学校に通う中で、1人だけ現地の小学校に入った。日本人学校を見学に行った際、近所の友達がいじめられている場面に遭遇してしまったからだ。母の文子は、帰宅後の白井の様子を察して、無理に日本人学校への入学を勧めず、地元の学校に通わせた。移民の国であるオーストラリアでは、日本人である白井も受け入れられた。仮装コンテストに着物をまとって出場して優勝するなど、多様性を認める習慣が根づいている。「あなたは良い子よ」と認めてくれる人が、家の外にも必ずいた。


一方、日本に帰ってからの小学校ではつらい思いばかり経験した。学校にリュックで登校すると、みんなと違うといじめられた。帰国子女とあって英語を話せと言われ、話すとさらにいじめられた。日本では「周囲と違う=悪」であり、少しでも目立てばいじめの対象になった


ある日、豆電球を持参するよう学校から指示があった。家でじっと豆電球を見つめる白井。不思議に思った母の文子が問いかけたところ「この豆電球、みんなのと同じのかな」とつぶやいたという


教員免許を持ちながらも専業主婦であった母は、このエピソードを思い出すたび、涙が止まらないという。みんなと同じでなくても自分を受け入れてくれたオーストラリアと違い、わずかでも人と違うことをすれば排除されがちな日本の小学校。そんな環境で、白井が打ち込んだのが勉強だった


成績が優秀で勉強ができれば、先生だけでなく級友も認めてくれる。だから必死に勉強した。クラスでトップの成績になれば、いじめもなくなって先生にも認めてもらえるようになった。その結果、東大に進学するまでに至った


google adsense

関連記事

no image

鈴木真二「部品点数は自動車の100倍 究極の“すりあわせ”技術(特集/ボーイングvs.三菱vs.HONDA)」週刊東洋経済2008.9.20

20080926060000 執念を感じる一場面。アメリカの巨大企業が日本のラジオ体操をしていた

記事を読む

no image

鈴木宗男「渦中のひと 鈴木宗男元衆議院議員の告白 ロシア外交の灯を再び」日経ビジネス2011.11.28

20111129234013 現在、喜連川にて収監中という。そこで、ここまでの主張ができるとは驚く

記事を読む

no image

(後藤)「From Editors」週刊ダイヤモンド2012/02/04

20120205011407 週刊ダイヤモンドは長いこと定期購読している。といっても3年の定期購読

記事を読む

no image

宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活

記事を読む

no image

鈴木洋子「バーチャレクス社長 丸山栄樹(起・業・人)」週刊ダイヤモンド2007/12/15

話す人と、実際にやってみる人とは違う。この当然が書かれていたのでテイク・ノート ・新卒入社後わ

記事を読む

no image

海老沢泰久「マスターズが世界一美しい理由」週刊東洋経済2005.5.21

20050613210245 マスターズが私的であるため、その運営において妥協なく理想を追求してい

記事を読む

no image

浮川和宣「データの標準化による理想の実現が世界中で地滑り的に起きつつある」週刊ダイヤモンド2008/02/23

20080228060000 ・今私たちが使っているものは不便なものではと、疑ってみてほしい。

記事を読む

no image

「CSに「即効薬」なし(特集 2012年版アフターサービスランキング)」日経ビジネス2012.7.30

20120804164843 日経ビジネスの恒例の特集。かなり影響力を持つものと思う。自分でもこれ

記事を読む

no image

田村俊一、小谷昌幸「検証・オリンパス問題 働かなかった外部チェック」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120104090409 見えている会社や国民の困窮に手をさしのべることは、目の前のことであっ

記事を読む

no image

塚田紀史「『マルクスは生きている』を書いた不破哲三氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2009.6.13

週刊東洋経済の懐の深さ。この号は、リクルートやYahoo!などの広告業の特集もおもしろいし、佐藤優の

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑