桜井進「超面白くて眠れなくなる数学」PHP

公開日: : 書評(書籍)



20120319004555


たぶん、自分は数学って好きというか、憧れがあるんだろうと思う。実際、数学は得意とは決して言い難い。でも数学ができるっていうのは、真に頭がいいことであって、そのような頭のいい人間になりたい、そう見られたいという心理があるとしか思えない


この本、先に読了した本(桜井進「面白くて眠れなくなる数学」PHP | hiog)の続編的な位置づけでしょうか。しかし、もうネタ出尽くしでしょうか。あんまり正直、面白くなかったな。こういうのって結構、地道なネタの積み重ねが必要に思う。滅多なこと書けないし。したがって、今回は、少し眠たくなってしまったところもあったりしました


でも、パート3が出れば、また読んでしまうと思います。特に国粋的な立場からは、日本における数学の発達について、まとめると興味が湧いてくるように思いますし、その萌芽は前作にも本作にも見て取れます。高校の日本史の勉強のレベルの、関孝和と吉田光由だけでなく、和算とか算額だけでなく




p018.日本にいずれカジノができるのかどうかわかりません。しかし、ハイリスクな公営ギャンブルよりも、小さいお金でも長く安心して楽しめるカジノのほうがいいのではないかと私は思います


p034.雪舟の水墨画や、菱川師宣の「見返り美人図」にも白銀比はあらわれていて、1対約1.4。また、コピー用紙は縦横の比が白銀比なので「白銀長方形」です


p035.45度は正方形と「白銀比」を連想させ、さらには無限の相似へと結びつく角度です。もしかしたら、茶の湯の世界を確立した千利休や、水墨画の世界に大きな功績を残した雪舟は、「45度のひみつ」に気づいていたのかもしれませんね


p088.その昔、数が1、2しかない時代、それ以上の多数をあらわすのが3でした。いち、に、たくさん。3は沢山の「さん」だったわけです。3を「みっつ」というのは「満つ」に通じるともいわれています。現代のように「億」や「兆」といった大きな数が普及するまで、人々は小さな数だけで生きていました。3以外にも、4、8、百、千、万。そのいずれもが「すべて」をあらわしてきた言葉として、いまに残っています


p160.江戸時代にいまのような受験制度はありませんでした。年齢別、習熟度別というようなこまやかなシステムはなく、幼い子どもから青年までが一緒になって学んでいたのです


p163.千葉胤秀について特筆すべきことは、彼自身が農民であり、彼に学んだ多くの人間が農民層であったことです。江戸後期、東北を中心に知的な農民文化が和算を中心に発達していたのです


p183.数学、物理学では、「高次元」よりも「低次元」のほうがその解明が困難なのです。つまり、「次元」が高いことが必ずしも高度なことを意味するとは限らないのです。そう考えると、最近流行している「次元上昇」には、げんなりするような気もします。「ポアンカレ予想」と「超ひも理論」が示すように、「次元が高くなること」が尊いことではなく、むしろ、私たちがいま生きているこの「四次元時空」こそがもっとも神秘的であるということなのです


p198.「メートル(metre)」には「測る」という意味があります。「幾何学(geometry)」とは、「geo(大地、地球)」を「metry(測る)」、つまり「地球を測る」という意味の言葉です




google adsense

関連記事

no image

田村秀「データの罠 世論はこうしてつくられる」集英社新書

20061223220000 結構評判が高かったと理解していたが、期待したほどの驚きはなか

記事を読む

no image

片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎

記事を読む

no image

岩見隆夫「陛下の御質問」文春文庫

日本の現代史、昭和史好きには堪らない一冊。タイトルと帯を見た直感で購入して正解。内奏の現実や政治の内

記事を読む

no image

大前研一「遊ぶ奴ほどよくデキる!」小学館

昔買って読んだ本を読み返した かなり自由に好きなことを書いたな、という感じのする本である。確かに著

記事を読む

no image

西村英俊「会社は毎日つぶれている」日経プレミアシリーズ

20090816214933 日商岩井や双日が経営危機だったときに経営者だった人であり、そ

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫

20111223080312 福島の原子力発電所が事故になったせい、関東で電力供給が悪くなり、さら

記事を読む

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

no image

本田直之「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」大和書房

後行する大きな面倒くさいことを避けるために、先行して小さな面倒くささを積極的に引き受ける。それがメイ

記事を読む

no image

荒井千暁「勝手に絶望する若者たち」幻冬舎新書

世代を切り取るものなので、スノビッシュな興味からスムーズにページが繰られる。ときどき的確な指摘があり

記事を読む

no image

小林秀之・神田秀樹『「法と経済学」入門』弘文堂

20121230083453 かなり古くなってしまった。しかし、現在も価値を感じる。各項で

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑