石巻「投資家保護と証券市場(大機小機)」日経2012/3/23

公開日: : 書評(新聞)



20120331001414


最近、大機小機と経済教室が妙に気になるんだよな。政治はもとよりマーケットも企業業績も経済もすべてマンネリ。あと面白いのは身近なところの首都圏くらいかな


石巻氏。同じAIJを扱っても、ちょっと前の渾沌氏とはかなり違うトーン

渾沌「資産運用産業の時代への備え(大機小機)」日経2012/2/29


いいねー。ほれぼれするところあり。強調部分。インサイダーは、そもそも情報を隠すこと自体がどうかと思うが、それ以外は同意


筆者は、マーケットの仲介者か? TOKYO AIMへの距離を置いた扱い方を見ていてもそう思う。規制過剰を知り、それを利用しようとせず正論を吐くのは、それも大手どころではない属性か?


石巻氏については、盤側氏や渾沌氏と違って、ネットではほとんど取り上げられていない




大機小機 投資家保護と証券市場


市場において「リスクなきところにリターンなし」は人口に膾炙(かいしゃ)するようになった。では「投資家保護」の意味はどうか。投資の初心者などは「投資で大損をしないこと」と考えるかもしれない。だが、それは正しくない。


投資家保護を定義すると、インサイダー取引や偽計、相場操縦、虚偽記載といった不正な手段や技巧を排除して、商品内容の情報を開示し、適正な取引業者と公正な取引ができるための市場を提供するということに尽きる。


保護の水準は私募と公募、プロとアマで差が設けられているが、投資家が想定外の損をしないよう情報開示や説明義務が課され、リスクの量が分かるようにすることと、投資家をだます反則行為がないようにすることで十分とするものだ。あわよくば、と狙う投機家も参加するのが証券市場である。投資家保護は言い換えれば、高度化・複雑化するリスクを投資家に転嫁するための必要手続きである、と考えることもできる。


今般のAIJ投資顧問による年金資産消失問題は、金融商品取引業者にあるまじき行為として裁かれるべきだ。一方で、厚生年金基金などはこうしたハイリスク商品への投資について管理や自覚が必要であったのであり、被害者ではあるが重い受託者責任を負っていることも事実である。


国民や証券市場が「失敗は成功のもと。不正なことがないなら負けても投資家責任だ」と割り切ることができないとすれば、そうした捉え方の方にも問題はないだろうか。これまでも不祥事が起こるたびに投資家保護が唱えられ、証券市場が規制されてきた。例えば上場審査手続きの煩雑化や、上場後の経営自由度を縛りかねない諸規制などが挙げられる。「TOKYO AIM」などの新興市場が活性化せず、リスクマネーを証券市場で供給できない故に、ベンチャーですら間接金融依存となり事業リスクを大きく取らないことは、成長の障害となっていないだろうか。


潜在成長力を具現化するため、成長産業の芽を探し育てる必要に迫られている日本には、投資家にも企業にも使い勝手のいい証券市場が欠かせない。日々動く市場運営は自主的なルールやモニタリングに委ね、法令化は必要最小限の規制だけにすべきではないか。もちろん看過できない公益を侵す者に金融商品取引法での処罰規定が厳しく発動されるのが大原則だ。


(石巻)


google adsense

関連記事

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

no image

渾沌「資産運用産業の時代への備え(大機小機)」日経2012/2/29

20120328000736 「公正な価格形成の阻害など公益を害する行為にプロ向けもアマ向けもない

記事を読む

no image

「日本電産社長永守重信(5)我流の書(こころの玉手箱)」日経平成18年2月17日夕刊

日経夕刊の紙面が新しくなったという。が、あんまりパッとしない。デザインな改善はある。でも、内容は大し

記事を読む

no image

小堀宗慶「感情抑えきれず慟哭(私の履歴書)」日経平成18年8月30日朝刊

日経朝刊の「私の履歴書」で、これだけ心を揺さぶられたものは、終ぞなかった。肩書きと名前だけ見ると多分

記事を読む

no image

記者名無し「ハイウェイカード、来月15日に販売終了―利用も3月末停止」日経平成17年8月12日朝刊

この記事を見て、一消費者として、どう動くか。ある消費者の事例の紹介 私は車を持たず、必要に応じてタ

記事を読む

no image

佐藤洋二郎「金の匂いする所、政治家あり(さらりーまん生態学)」日経平成18年2月23日夕刊

意味を感じられない文章。じゃあ、コメントしなければいいのにとは自分でも思うけど 著者は作家という。

記事を読む

no image

春原剛「フィールズオブドリームズ(3)駐日米大使トーマス・シーファー氏(人間発見)」日経平成17年8月3日夕刊

20050804010200 日付は変わってしまって、昨日の夕刊の記事。著者は日経の編集委員でこの

記事を読む

no image

前田晃伸「銀行『冬の時代』を越えて②(ひとスクランブル)」日経平成18年4月25日夕刊

20060429023600 結局、日経夕刊はいくら梃入れされても読み応えを感じない。それどころか

記事を読む

no image

城下賢吾「短期取引の弊害(十字路)」日経平成17年11月4日夕刊

筆者は山口大学経済学部教授という。個人投資家の株式投資のしかたについてのコラム。端的に言って意味不明

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑