五十嵐順子「いちばんやさしいネットワークの本」技評SE選書

公開日: : 書評(書籍)



20120527142708


タイトルに偽りなし。全体の理解のために必要。だだし、やさしすぎるのでこの本で本格的な勉強はできない


この辺のこと、ネットを初めとしてITのことを少しずつ普通以上に勉強しようと思っていて、そのためにはうってつけ。まだまだ足りない


しかし、余計な思想が入っている気がするな。プレアンブルのところとか、基本的に読み飛ばした。著者にとっては大きな気づきなんだろうけど。一つの文章には一つのテーマしか載せない、という法則を、自戒としてもメモ


また、著者が勉強した経緯として、自分が分からず、すでに理解していた人に教わった大きな概念のところをまず知っておくべきだったという部分。結局、聞いた相手は(将来の/現在の)夫だったというところがあり、その辺のことが印象的だったりする




p70.かつて両端の能力が低かった時代には、「中間」部分が担う必要のあった「正しくデータを運ぶ」ためのチェック機能は、「両端」のコンピュータが担うようになりました。役割分担が変わったのです。この役割分担の変更は、ネットワークの発展に大きな意味を持ちました。「中間」部分が、これまでに比べて簡単な仕組みでよくなったからです。データを運ぶための回線とパケットを宛先に運ぶ仕組みを持った中継機器さえあれば、あとは「両端」に任せてしまえばよくなったのです。正しくデータを運ぶためにチェックを色々していたパケット交換機は必要なくなったのです。そのため、簡単に、また安価に、ネットワークを拡張していくことができるようになりました。通信事業者はネットワークを広げるのに、高価な投資をして、パケット交換機を開発したりメンテナンスする必要がなくなったからです。「両端」のコンピュータにとっても、データ制御の役割を担うことは好都合でした。送るデータの種類によって、コンピュータ自身が送り方を選べるようになったからです。例えば、メールなどのように「完全にデータが揃い、確実に届く」ことが要求されるようなデータの場合は、両端のコンピュータが厳密にチェックします。一方、YouTubeなどの動画サイトを閲覧している時はどうでしょうか。データが少々欠損しても、ほとんど気がつきません。むしろ、再送されて遅れて届いても、すでに使い道はないので、再送する必要はありません


p72.TCPとは、Trannsmission Control Protocolの略で、「両端」で担うデータ制御部分の決まり事の名前です。IPとは、Internet Protocolの略で、「中間」で担う、パケット配送の決まり事の名前です。TCP/IPとは、これら代表的な2つの決まり事と、それ以外のいくつかのルールを合わせた、ネットワークにおける約束事を定めたものです。このルールのもとで動作するネットワークを、TCP/IPネットワークと呼びます


p90.WEBサーバーも、24時間いつでも待機して、クライアントからの依頼に応えられるようにプログラムを常駐させています。このサーバー側の常駐プログラムのことを、特にUNIX系では「デーモン」(Daemon)と呼びます。大学生の頃、初めてその名前を聞いた時は「コンピュータの中に、悪魔がいるんですか?」と教授に思わず聞いてしまいました。ギリシャ神話に登場する「神々と人間の間に位置する精霊」が由来だそうです


p120.IPアドレスは、8ビットごとにドットで区切られた32ビットの2進数で表されます。32ビットで表すことのできる数字は、0-4294967295の約43億通りです。ただ、桁数が多くなり人間が覚えるのは大変なので、「192.168.0.1」のように8ビットごとに10進数で表記するのが普通です。この表記の仕方を、ドット付10進表記法と呼びます


p162.LANで使われるおなじみのケーブルの種類は、ツイストペアケーブルです。8本の銅線が、それぞれペアでツイストされ、「より」の間隔をお互いに変えることで、外部からの雑音の影響を軽減しています。物理的に送信と受信の伝送路が分かれているので全二重通信に対応します




google adsense

関連記事

no image

阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

20120211211338 聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文

記事を読む

no image

村上隆「芸術起業論」幻冬舎

刊行当初から雑誌の書評などで取り上げられていたので読むつもりでいた。近い具体的な知人からの薦

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社

著者の著作を読むのは初めてだが、結構な人気があるらしい。確かにそのような香りのする本である 面白い。

記事を読む

no image

倉田真由美・山崎元「ダメだ!この会社」小学館

第2章以降は会社をいろいろな切り口からダメ出ししてくれる。特に、山崎さんの経験に基づく話が面白い。そ

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

一川誠「大人の時間はなぜ短いのか」集英社新書

タイトルどおりの内容かというと、少し偽りがあるような気がする。実際の内容は、もっと広範。新書という性

記事を読む

no image

藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫

平易な記載。内容がおもしろく、かつ思索の浅い大衆にとってなかなか示唆に富む。社会人についての絶妙な分

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫②

20130313185500 よく知らなかったんだけど、これ短編集だったんだ。すべてが松平

記事を読む

島田荘司「占星術殺人事件 改訂完全版」講談社文庫

20140503161435 占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)著者 : 島田荘司講談社発

記事を読む

no image

河村望「上総の飛鳥」人間の科学社

20080910060000 教養のために、読んでいく分にはなかなか楽しいのだけれど こ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑