ピーター・セージ「自分を超える法」ダイヤモンド社

公開日: : 書評(書籍)



20120707111440





また自己啓発的な本を読んでしまった。ダイヤモンド社らしい本だ


内容はよい。リーダー論も、いろいろな事例の紹介も多すぎず少なすぎず、適切なものだ。末尾のおすすめ本19冊も読みたい。というか、既読のものもいくつかあった


不要なカギ括弧がクソ多い。強調のカギ括弧は、本来は太字にしたり傍点を打つほうが読みやすいなあ。確かにカギ括弧には強調の用法もあるが、感心しない。やはり、外国の本を翻訳して、ソフトデータとして管理する際には、ルビや傍点はなじまないということなんだろうか




p052.一体どうすれば、「安定感」や「不安定感」を最大限に利用できるのでしょうか? そのカギは「自分が『不安定感』に対処できるという、大量の『安定感』(確信)を持つ」ことです


p061.「建設的な重要感」を持つ、真の王の特徴は、個人のエゴが極めて小さくなっていることです。つまり、「使命を帯びた偉人」なのです


p123.1「お金はあなたがどれだけ多くの価値を与えることができているかを表す指標である」 2「お金は貢献した後に入ってくる」


p148.仕事をしたくないときはしない、仕事をしたければする、というライフスタイルは、「ビジネスの初期の段階では一生懸命に賢く働き、私に依存しないシステムを作り上げた結果、得ることのできたごほうび」なのです


p174.・とにかく「実際に」会いにいって質問をすること ・「クリエイティブ」にならなければならないこと ・「拒絶」があっても前向きに受け入れること ・「人にお金を出してもらう」こと


p208.自己資金の使い道を考えるのは、「お金vs戦略」の考え方を使って、ありとあらゆる可能性をすべて検討し終わって、それでも、お金を使わざるを得ないときのみです


p237.彼は数年前にガンで弟を亡くし、以来毎年、このレースに参加することで資金を集め、弟の治療をしてくれた「ホスピス」に寄付しているということでした。私は「絶句」しました。彼は、「自分のためではなく、他の人のために走っていた」のです。その瞬間、私はモチベーションを取り戻すカギを見出しました


p241.「教育=エデュケーション」という言葉の語源を見ると、ラテン語の「エデューコ」、つまり「内側から引き出す」という意味の言葉から来ていることがわかります


p256.現代に生きた、もっとも著名かつ誉れ高い物理学者、アインシュタインは、あるときこう言いました。「人はよく言います。『世界をよく見よ。神はどこに存在している? 証拠がないではないか』と。しかし、私は言います。『世界をよく見よ。神が存在しないことがどうしてありえようか?』」


p258.「この宇宙には人智を越えた知性があり、そのような存在を信頼する感性を、意識的に時間をとって養っていただきたい」ということです。人は誰もが「自分はなぜ生きているのか」という感覚を自分なりに持っています。けれど、「究極の真理は、誰にもわからない」のです


p261.「ビジョンなき民は滅びる」 古代イスラエルのソロモン王は3000年も前にこの言葉を残しました。「ビジョン」とは、将来の見通しや未来像のことです


p262.ウォルト・ディズニーは、時代を超えて何百人もの人々に「喜びを与えるようなテーマ/パークの建設」のビジョンを見ました。ウォルトの甥であるロイ・ディズニーは、実験未来都市ディズニー・パークとして知られるエプコットをオープンしたとき、取材に来ていたレポーターにこう言われました。「こんなすばらしいテーマ・パークの完成を見ずに、ウォルトが逝ったなんて本当に残念ですね」 ロイはすかさず切り返しました。「いえ。いちばん最初に(ビジョンを)見ていたのはウォルトなんです。だからこそ、今あなたが実物を見ることができているんです」


p287.「リーダーは、100人中99人に反対されても構わないと考える人たち」です


p294.「リーダーとは、人にどう思われようが構わない、自由な人たち」です。真のリーダーの典型的な特徴の1つは、「人に嫌われることを厭わない性質」です。リーダーにそれができるのは、「行動が一時的に指示されなくても、長期的には大きな貢献につながる」と信じているからです


p296.真のリーダーが「自分との関係」をマスターするとき最初に行うのは「承認への欲求、他者から認められたいという欲求を自分から切り離す」ということです。それができると、「他人にどう見られるのか、陰で何を言われているのか」という思いに左右されなくなります


p299.真のリーダーは、目の前に展開する人生を「受け取るしかない」ことを知っています


p309.「人生で何が起こるかは重要ではないということ。そして、できごとに対して与える意味と、その結果どのような行動を選択するかだけが重要だ」


p313.時間管理に「くつろぐ時間」を取り入れることは、良好な状態を保つために絶対不可欠です。木こりがたくさんの木を切るためには、斧やノコギリを休ませ、その間に刃の手入れをしなければなりません。時間管理も同じです。頑張って長時間労働しても、たいていの場合とても「非効率的」です。それよりも、穏やかな状態へと「リラックスする時間」を確保することでメリハリがつき、目標達成に向けて精力的に仕事をすることができるのです。仕事を済ませた後は、「振り返りの時間」を取りながら、再び肩の力を抜いてゆったりとし、そしてまた仕事に戻るのです。このほうがはるかに効果的です


p320.これができれば「感情のマスターになれる」という真理です。今すぐ「感情を感じ尽くす」ことをしてください。注意していただきたいのは、「頭であれこれ判断しない」ということです。そして次のようにしてください。

・感情に「善悪のレッテル」を貼りません。理屈をつけないのです

・ハートのまわりにある「感情センサーだけ」で感じ続けます

・感情の波を「全身にかぶって」ください

・感情の波を「体中に駆け巡らせて」ください

・それを「味わう」のです

・細胞の一つひとつが振動するのを「感じて」ください

・善悪の判断は「シャットダウン」します

・「評価」もしません

・ただ、体の中にいる感情を、「あるがまま放って」おきます

どうでしょう? 「感情は、たいていの場合、最長60秒くらいで消えてしまう」のです


p381.実は、「脳は否定形を処理することができない」のです。これは、最近の「神経科学の研究」で明らかになってきたことです


p383.「古い信念に疑念を吹き込む」


p433.「より多くを語るほどより多く売れる」 それには「右脳(すなわち想像性)」に関わることを明確にしなければいけません。次に挙げることはあなたの広告をワクワクするものにする「6つの方法」です。

1「迷信」を解明してあげる

2「あまり知られていない事実」を暴露する

3「顧客が付加価値として認識するようなもの」を与える

4「すばらしいストーリー」を話す

5「誤った認識」を修正する

6「秘密」をばらす


google adsense

関連記事

no image

司馬遼太郎「功名が辻(3)」文春文庫

20050711165100 (3)でも最初のほうは秀吉の話ばかり。仮想園遊会や醍醐の花見

記事を読む

no image

中西輝政「日本人として知っておきたい近代史(明治編)」PHP新書

誤植の目立つ、雑な作り。内容との関係では十分に買いの一冊。新書だし 大学受験のときに、近現代史はか

記事を読む

no image

津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

あっさりして読みやすい導入の書 定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業

記事を読む

no image

山崎隆「大震災改訂版 東京のどこに住むのが安心か」講談社

20130405011526 これは、ちょっとふるい本で、2011年11月に出版されている

記事を読む

no image

渡辺賢治「日本人が知らない漢方の力」祥伝社新書

20120915111952 これを読むと、大したことのない病気でも漢方の専門医に診てもら

記事を読む

no image

須田慎一郎「下流喰い」ちくま新書

個別の事例集としては面白い。ここだけを読むのは有益だと思う。ただ、主張に関する部分には薄さが見られ、

記事を読む

no image

ジョン・バード「ホームレスから社長になった男の逆転法則」徳間書店

20130313003347 タイトルに誤導がある。ホームレスから社長になった経緯は書いて

記事を読む

no image

林信行「スティーブ・ジョブズ」アスキー

20080102060000 こんな大判で写真が豊富な本だとは思わなかった。ジョブズ関係の

記事を読む

no image

ピーター・アーネル「人生を無理なく変えていく「シフト」の法則」ハヤカワ新書

内容はおもしろかったんだけど、メモをとってみると、それほど有益なようには見えなかったりする。翻訳に苦

記事を読む

橘玲「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」ダイヤモンド社

20130821001756 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル著者 : 橘玲ダイヤモンド社

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑