三島邦弘「計画と無計画のあいだ」河出書房新社

公開日: : 書評(書籍)



20120710003253


独自の方法で作る出版社。同様の話はいくらでもあるのだろうけれども、それを1冊の本にして、うまく表現できていると思う。熱中して一気に読み終わってしまった。今度ミシマ社の本を探してみようかと思わせる魅力を感じた


直接、本題とは関係ないんだけど、シザーハンズ、好きなんだよなあ。非常に同意する。あと、ピアノレッスンとかも同じだと思う。どうすれば相手が喜ぶかをよく考えて、そのための行動を適切にとるところが大事。前者は雪が降る山、後者は大波が荒れる砂浜だけど、この自然の描写が人の思いを際立たせている。そんな、よい映画だ







p85.「けれど、私の心はひとつです」 お、おおおっ!! こ、このセリフ……。ぼくが知るかぎり、これは、オリックスにドラフト1位指名されたときのパンチ佐藤こと佐藤和弘以来のセリフではないか!


p110.宴もたけなわを迎えた頃、突然、百々さんがガッツ軍団に向けて口を開いた。場がいっきに静まり返った。「みんな、三島君は言わへんけど、たぶん、いまめっちゃお金ないと思うねん。会社つくったとこで、絶対厳しいはずやねん。それでも、ワタナベ君を連れて、高い交通費出して大坂まで来てくれはったんや。わかるか、この意味。みんな、絶対売らなあかんで。『街場の中国論』、絶対売ろな」「はい!」その場にいたメンバー全員が、口々に「ミシマ社の本、売りますよ」と明るく言ってくださった。涙が出そうだった。いや、出てたかな。目頭がぐっと熱くなるのを抑え、そのとき固く心に誓った。絶対に絶対に、いい本にする。そして応援してよかったと思ってもらえる出版社にするんだ。ガッツ軍団との暑い夜は今も、その夜の温度そのままにぼくの中に保存されている


p111.それから現在に至るまで20冊ほどを発刊しているが、実際に本屋さんに行き、自社の本を見つけるたびに感じずにはいられない。「ここにミシマ社の本があるのは、この書店に、間違いなく、人がいるからだ。面倒な作業もいとわず、1冊を理解したうえで置こうと決意した書店員という1人の人間がそこにいる。その1人の存在が、ミシマ社と読者の方をつないでくれているのだ」と


p126.「わたしが子どもの頃ね、よく読者はがきを書いて出したんだけど、一度も出版社から返事をもらわなかったの」「返してくれる出版社があったらいいのになぁとずっと思っていた」その思いをミシマ社で実現したわけだ。最近では、キムラだけでなく、全メンバーが「返信用ミシマ社通信」にひとこと書き添えてご返信している


p226.「ほんとうにモテたいのなら? 最初はまったく振り向いてくれない相手を振り向かせるには?」 唐突だが、こんな質問を受けたとしたら、どう答えるだろうか。ぼくなら、シンプルにこう考える。真っ先にすべきは、相手を喜ばせること。プレゼントを贈ったり、何かうれしいことを伝えたり、そこまでするかというほどの献身的行為を捧げたり……(ただし、ストーカー的になってはいけません)。大切な人を振り向かせるには、そうするほかない。その証拠に神話から現代小説まで、くりかえし同じ主題が描かれている。そのことを、ぼくらにとてもロマンチックかつ温かいかたちで教えてくれたのが、『シザーハンズ(Edward Scissorhands)』だと思う


google adsense

関連記事

no image

日経産業新聞編「ウェブ2.0で稼ぐ!」日本経済新聞出版社

最初に書き留めておきたいのは、この本を読んでも決してウェブ2.0で稼ぐことはできないということだ

記事を読む

no image

マーク・ピーターセン「日本人の英語」岩波新書

20090930220827 久しぶりに岩波新書を読んだ。古い本 不定冠詞のaとそれにつ

記事を読む

no image

蛯谷敏「三井物産 人材活性プラン、そろり始動 (現場力)」日経ビジネス2009年5月18日号

社員が同質であることの限界。視野を広げる 部門を横断して様々な経験を退職の危うさなしに可能とする、社

記事を読む

no image

野中広務・辛淑玉「差別と日本人」角川書店

発刊されたことはかなり話題となったよく売れたように感じる。いま図書館で借りると、複数の在庫が、誰から

記事を読む

no image

小山政彦「図解へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ! ここに気づくかどうか!?」三笠書房

小売業に強いコンサルタントとして、収益アップのためのアイデアを出している。素材集として面白い タイト

記事を読む

no image

金森誠也監修「30ポイントで読み解くクラウゼヴィッツ『戦争論』」PHP文庫

こっち用に購入した本のうちの1つ 戦争を専門家として分析したのであって、正当化したのではない。なん

記事を読む

no image

野内良三「レトリックのすすめ」大修館書店

豊富な文例が、それぞれ強く読ませる。何度でもじっくりと読み直したくなる。こういう本を早読みするのはも

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①

20071119060000 大昔に買っていたのだが、最近まで読まなかったこの本。そろそろ

記事を読む

no image

林和人「香港大富豪のお金儲け7つの法則」幻冬舎

おもしろくて一気に読み終わってしまった。内容も平易で読み易いということもあるけど。でも著者の熱意とい

記事を読む

no image

一川誠「大人の時間はなぜ短いのか」集英社新書

タイトルどおりの内容かというと、少し偽りがあるような気がする。実際の内容は、もっと広範。新書という性

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑