佐藤優「「若いやつを鍛える」で組織は維持できない(知の技法 出世の作法 第249回)」週刊東洋経済2012.06.16

公開日: : 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 佐藤優



20120904234111





外務省という組織で最終的に失職とはなった。それでもその後にこの人のが言論人?になったのは、日本語を理解する人にとって価値のあることであり、文字どおり、出世のひとつなんだろうと思う


今回のような、組織独特のカルチャーを逆手にとって都合よく遊泳するというのは魅力




・便所掃除のような極端な事例でなくても、官僚組織には非合理なおきてがいくつも埋め込まれている。筆者と同時期にモスクワの日本大使館に大蔵省(現財務省)から出向していた二等書記官は、「大蔵省に入省した最初の3カ月は、毎日いすに30分間も正座させられ、今日一日、自分の行動にどういう問題があるか反省しろ、と言われた。上司の命令に対しては絶対服従せよとたたき込まれたんだ」と述べていた


・日本の伝統型組織の中間管理職は、旧陸軍の内務班長あるいは下士官をモデルにしている。ちなみに筆者の1年後に政務班に配置された後輩は、モスクワの日本大使館に3年勤務し、帰国後しばらくして外務省を辞めた。筆者はその元後輩と、最近、21年ぶりに再会して旧交を温めた。元後輩は「それにしてもあそこ(外務省)は、すごい文化の組織でしたね。佐藤さんが『ウイーン条約に違反するから絶対に嫌だ』と言って引き受けないから、“ルーブル委員会”の仕事が私に回ってきましたよ」と言ってきた。当時の日本大使館員と言えば、闇ルーブルで私用車を販売して蓄財していたからだ。


・筆者はそのとき、「『絶対引き受けない』とは言っていない。『KGB(旧ソ連国家保安委員会)のシンジケートに加わって蓄財していると、ソ連当局に弱みを握られることになりませんか』と疑問を呈したら、ルーブル委員会の仕事が回ってこなくなっただけだ」と答えた。当時、ルーブル委員会を采配していたのが、大使館の中間管理職だった原田親仁参事官(現駐ロ大使)。原田氏は、親分肌で面倒見のいい、旧陸軍内務班長型の中間管理職だった


・「若いやつを鍛えてやる」旧来の中間管理職型では、もはや組織は維持できない。が、新しい中間管理職のモデルはいまだ生まれていない。その結果、現在の日本では中間管理職の機能が著しく弱くなり、その日暮らしで人事管理を行っている企業や役所が少なからず存在する







google adsense

関連記事

no image

白壁達久「白井智子 教育界のジャンヌ・ダルク(旗手たちのアリア)」日経ビジネス2012.1.16

20120218110316 このエピソードだけ目にとまった 白井の教育改革の原点は、幼少期

記事を読む

no image

佐藤吉哉「佃和夫氏 三菱重工業社長 環境技術で世界派遣を(編集長インタビュー)」日経ビジネス2008年3月31日号

20080429060000 プリンスホテルの契約違反の件があったが、同時期にさりげなく三菱重工の

記事を読む

no image

梅咲恵司「新型軽自動車『アイ』が好発進 三菱自動車『復調』はホンモノか」週刊東洋経済2006.3.4

またまた、専門家がどの程度のものかに関する事例。外部コンサルタントよりの言うことは間違っていた

記事を読む

no image

佐々木紀彦ほか「落ちる中間層 ホワイトカラーの没落」週刊東洋経済2006.12.9

最近、痛快だったのがこの記事 大企業ほど、こういうところがある。抱え込んだ仕事が多いほど「なくては

記事を読む

no image

山村武彦「過去の大災害が揃って周年を迎える不気味な年に(特集総予測2007)」週刊ダイヤモンド2006/12/30・2007/01/06新年合併号

代表性というか、たまたま周年の一致するものを集めた気がする。統計のマジックという部分で割り引いて読む

記事を読む

no image

ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

20121002223608 このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読して

記事を読む

no image

「トヨタ自動車社長渡辺捷昭(Key person interview)」週刊東洋経済2005.7.23

20050721180200 トヨタの新社長に対するインタビュー記事。掲載された上半身の写真で、渡

記事を読む

no image

冨岡耕「豪空港ファンドが日本上陸 狙われた「羽田」視界不良の攻防戦(スペシャルレポート)」週刊東洋経済2007.10.27

タイトルの羽田になぜカギカッコがつくのかもわからないが、下に引用する文において空港ビル関係者がなぜ「

記事を読む

no image

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいる

記事を読む

no image

佐藤優「自壊する帝国」新潮文庫

筆者の単行本として読んだのは2冊目 佐藤優「国家の罠-外務省のラスプーチンと呼ばれて-」新潮文

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑