グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社

公開日: : 最終更新日:2012/09/13 書評(書籍), デザイン






20120912002026


書き殴った感じの文章。本当にアイデアをいただくための本であり、何度も読み返して楽しむものではない。事例が少ないので、こういうアイデア集がもっと欲しい


ちょっとまえ、ある博物館で、募金箱が面白かった。コインをすり鉢状の募金箱に転がすとぐるぐるまわりながら中心の穴に入っていく。普段は募金をしない自分としても、このコインを転がる様子を見る対価としてコインを提供している、という感じがした。デザインだと思った。これ





装丁が気になる。表紙から本文まですべて黄緑色をしている。公共交通機関で読むと一発で何を読んでいるかバレてしまう感じ




p056.後日、スピード違反を犯したドライバーには違反切符を、制限速度を守ったドライバーには宝くじの当たり券が送られるのです。宝くじの賞金は、スピード違反の罰金から支払われることになっています。この「Speed Camera Lottery」という安全運転宝くじ制度は、フォルクスワーゲンが主宰している「The Fun Theory」で賞を取ったアイデアです


p058.この「The Fun Theory」で受賞したアイデアには他にも、地下鉄でエスカレーターの代わりに階段を使ってもらうために、上り下りする度に音が鳴るというピアノの鍵盤に見立てた階段や、ゴミを捨てると、まるで地下数百メートルも下にゴミが落ちていくかのような音がする公園のごみ箱などがあります


p062.まずは、下に待機しているパンダ1号が、上りエスカレーターに乗る通行人にチラシを手渡します。通行人が上に移動している間にチラシに目を通すと、降り口ではパンダ2号が待機し、チラシをその通行人から回収。今度は、パンダ2号が、下りエスカレーターに乗る通行人に、そのチラシを渡します。通行人がチラシに目を通しながら下りると、下で待っているパンダ1号がこのチラシを回収し、上りエスカレーターに乗ろうとする別の通行人にこれを手渡すという流れ。歩行中と異なりエスカレーターでは、手持ち無沙汰のまましばらく立ち止まった状態が続きます。この貴重な時間を利用することで、チラシにじっくり目を通してもらえる確率がアップするのです。パンダで「コスプレ」する二人組は、幅広い年代のお客さんで賑わうショッピングモールでもひときわ目立ちます。特に子どもたちの関心を惹きやすく、WWFの存在や環境保護の大切さを、多くの人々に広く知ってもらえるきっかけになるのです


p092.本来ならインセンティブはポイントカードのようなかたちで個人に蓄積されていくほうが公平な気がしますが、「カルマ・カップ」のシステムだと、初めてその店に来て飲み物を買った人が無料のタイミングに当たるなんてこともあるでしょう。それを是とするのがこのアイデアのポイントです。それはつまり、このシステムに参加する動機が「自分が得するから」ではなく「問題を解決するため」であることを意味します。「ポイントが貯まるからマイカップを使う」のではなく、「資源を無駄にしたくないからマイカップを使うけど、無料のタイミングに当たったらラッキー」という発想がそこにあります


p096.彼らが考えたのはまったく違うアイデアでした。投票の3日前の夜、カラフルな矢印型ポスター600枚を町の至るところに貼り付け、矢印の通りに歩くと投票所まで辿り着くような状況を創り出したのです


p136.こうしてイギリスで始まった「ゲリラ・ガーデニング」は、その後世界中に広まり、今では日本でも行われています。メンバーは、人々が眠りについている間に密かに集まり、緑が少ない公共エリアやスラム街などに大量の草花を植えていきます。夜が明けると、公園や道路が緑で豊かになっているというわけです







google adsense

関連記事

no image

司馬遼太郎「功名が辻(2)」文春文庫

20050708090000 (2)は、山崎の戦いから始まって、秀吉の天下取りの時代を描く

記事を読む

no image

竹内薫「99・9%は仮説」光文社新書

20100507220350 これもかなり昔の本になってしまった。内容は面白いが、誰が読む

記事を読む

no image

小阪裕司「招客招福の法則2」日本経済新聞出版社

新聞の連載コラムの単行本化。内容的に日経の堅いイメージとは違うようにも感じるが、日経MJのほうのよう

記事を読む

no image

ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房

米国の(そしてそれは日本にもあてはまるが)一般に成功とされた生き方に対して、財産形成、暇作り、という

記事を読む

藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」幻冬舎文庫

20140404175350 アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門 (幻冬舎新書)

記事を読む

no image

早野透「田中角栄 戦後日本の悲しき自画像」中公新書

20130405231712 これを読んだのは田中真紀子が落選したのがキッカケかもしれない

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫

20111223080312 福島の原子力発電所が事故になったせい、関東で電力供給が悪くなり、さら

記事を読む

no image

有森隆「経営者を格付けする」草思社

基準や個々の採点が極めて曖昧な感はあるが、総合得点としての100点満点での評価は概ね理解できる 最初

記事を読む

no image

鈴木理生「東京の地理がわかる事典」日本実業出版社

じっくりと1ページ1ページ読み込んでしまう良書。本当かどうか分からないが、かなりマニアックな内容で、

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑