本田直之「ノマドライフ」朝日新聞出版

公開日: : 書評(書籍), 本田直之



20120914004829





流行の本なので、カバーをかけずに公衆の空間で読むのが小っ恥ずかしい感じがした


前に読んだ氏の著書と同じ話も多い。パソコンは新しいものを持てとかさ(面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則)


複数のことを同時にこなすことで複合的な魅力を得るところが肝な気がした。また、カネがあるからといって幸せとは限らず、カネがないからといって不幸とは限らないこと、というメッセージがここでも言われていた




p022.北欧では経済成長が頭打ちになり、企業に給与を上げる体力がなくなった結果として、労働時間の短縮が進んでいます。法定労働時間が週37時間に定められているのです。日本でも早晩、同じことが起こるでしょう。生き残りをはかりたい企業は残業代を出さないことで人件費を切り詰め、そのぶんの業務はより安い労働力を提供する海外へアウトソーシングするようになります


p027.最初に「昇進を断るという選択肢もありうる」と受け入れる準備をしたら、もっと身軽になります


p061.複数のことを同時にこなすことによって、実はお互いが補完し合うとも感じています。私は日本ソムリエ協会認定のワインアドバイザーの資格を持っていますが、自分にとってはあくまで個人的にワインを楽しむことの延長であり、どの国に行ってもどんな国の人ともワインの話ができるのがメリットだという認識でした。わたしよりワインに詳しい人はごまんといますし、人に教えるなど考えたこともなかったのです。ところが、「アカデミー・デュ・ヴァン」から講座を持ってほしいとオファーが来た理由は、意外なものでした。「ソムリエやワイン業界の人のワイン講座ならいくらでもありますが、本田さんがぜんぜん違う分野の人だから面白いんです。しかもハワイでデュアルライフみたいなことをしている。そんな人がワインのことを語ったら、何か別の話が伺えるのではないかと」わたしが求められているのは、ワインのテイスティングや知識でないとわかったとき、人とまるで違う方向で行こうと決めました


p092.「いいよね、本田くんみたいな自由な生活っていうのは」いわゆる資産家と呼ばれる方々にお目にかかると、こう言われることがあります。みな稼ぐ必要がないほどの資産家で、その気になれば世界中に家を持ち、飛び回れる力の持ち主です。わたしはそのたび、「ぜひ、やってみたらいいじゃないですか」と言うのですが、彼らは一様に首を横に振ります。先日、ある資産家のインタビュー記事を読みました。不動産や株で成功し、いつも長者番付に名を連ねていた人ですが、その彼がこれまでを振り返り、どこにも移動できず、精神的にも仕事に縛られた自分の人生は貧しいものだった、と語っていたのです。ビジネスで結果を出す人ほど、本当はできるのに、時間や場所、精神的に縛られてしまっていることがあります。「物理的に」の窓ライフなど無理だと思い込んでいる。これはまさしく、「会社員だしお金がないから、ノマドなんかできないんです」とあきらめる人たちと同じです。かたや時間、かたやお金という違いはありますが、両者とも人生の大切な資産に関する感覚がずれてしまっています







google adsense

関連記事

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

あっさりして読みやすい導入の書 定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業

記事を読む

坂下仁「いますぐ妻を社長にしなさい」サンマーク出版

20140508181836 いますぐ妻を社長にしなさい著者 : 坂下仁サンマーク出版発売日 :

記事を読む

no image

酒井順子「負け犬の遠吠え」講談社

このベストセラーは旬は過ぎてしまった感はある。しかし、そういう読み方が多いのが私 これは、現代の奇

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」日経BP社

20110305225307 この本を読んでからスティーブ・ジョブズのプレゼンを見るように

記事を読む

no image

ハロルド・ウィンター「人でなしの経済理論」バジリコ

その副題のとおり、トレード・オフについて手を変え品を変え論じている。いくつか印象的なケースを紹介しな

記事を読む

no image

富増章成「深夜の赤信号は渡ってもいいか?」さくら舎

20120919014333 深夜の赤信号を渡るべきか、というタイトルの質問にどう答えてい

記事を読む

no image

小池和男『日本産業社会の「神話」』日本経済新聞出版社

そのタイトルのとおり、日本の産業社会における「神話」が紹介されている。ここでいう神話は、「根拠もなく

記事を読む

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

no image

藤川太「サラリーマンは2度破産する」朝日選書

良書。内容はオーソドクスであり、平均的だ。家計のプランニングにおいて必要最低限のことは網羅されている

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑