佐藤優「うまくやれとの指示にどう応えるか(知の技法 出世の作法 第246回)」週刊東洋経済2012.05.26

公開日: : 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 佐藤優



20120914223543








上司が「うまくやれ」とわざわざ曖昧に指示しているのに、記録とともに明確に対応する部下というのも、なかなか味わい深い構図。ここで意を汲みすぎて曖昧なまま物事を進めると、都合が悪くなったときに切られてしまう




・大使館幹部が国会議員に対するいかがわしい接待に関し、「断れ」でなく「うまくやれ」と指示する背景には、国会議員に関するネガティブな情報を蓄積し、省益のために生かすという外務省の組織文化があるのだ。外務省はこうしたネガティブ情報の蓄積を、国会議員だけでなく、記者や学者に対しても行っている。海外で日本大使館員にアテンドされる際は、弱みを握られないよう細心の注意を払わなければならない


・外務省以外の官庁や民間企業でも「うまくやれ」と指示されることがある。中間管理職が「うまくやれとおっしゃいますが、具体的にどうすればよいのですか」と聞き直すと、上司は「こいつは勘の鈍いやつだ」とマイナスの評価につながってしまう。「部下を選ぶことはできるが、上司を選ぶことはできない」というのが、中間管理職にとっての与件なのだ。上司も筋の悪い案件とわかっているので、「うまくやれ」というあいまいな指示をするのである。筆者が中間管理職ならば、「よくわかりました。ところで部長(課長)、どれくらいうまくやればいいでしょうか。多少無理をしてもいいでしょうか」と尋ねる。上司が「無理しなくてもいい」と答えるなら、上司もそれほど成果を期待していないということだ。上司自身がさらに上から言われた無理難題を、下に降ろしているだけかもしれない。上司が「つべこべ言わず言われたことはやれ」という対応なら、これは何としても処理し、少なくとも何らかの成果が出たという体裁を取らなくてはならないということだ。中間管理職に拒否するという選択肢はない。成功しても失敗しても、面倒に巻き込まれる可能性がある。こういう場合に重要なのは、自分と部下を守る現実的方策を見いだすことだ。「うまくやれ」というような指示は口頭でなされる。この際、記録を残しておくのが身を守ることにつながる。上司に対してメールかメモによる中間報告という体裁で、「先刻の『うまくやれ』という事案についてですが、部下に以下の指示を具体的に行い、処理しています」という報告をしておくことだ







google adsense

関連記事

no image

山崎元「一般株主は企業防衛策を歓迎しない」週刊ダイヤモンド2005/06/11

200506130744 連載「マネー経済の歩き方」から。著者はコンパクトにいいことを言う。冴えて

記事を読む

no image

大竹文雄「ウィキノミクスで経済効果(経済を見る眼)週刊東洋経済2007.8.4

まあ、そうは簡単にはいかないでしょうけれども、と思った話。だってインセンティブがないものさ ・

記事を読む

no image

藤井清孝「日本よ、防御に回るな」特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

こういう、システムの運営者になりたい ・本屋にずらりと並ぶグルメ本を見ても、藤井は首をかしげる

記事を読む

no image

阿部貴浩、加藤修平「エコカー補助金、トヨタ向け?」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120112233812 ダメな事業が退散して、新しいものに入れ替わることが妨げられる。それを

記事を読む

no image

大宅映子「本来あるべきゴルフの姿に」週刊東洋経済2005.7.23

20050722001100 ゴルフが接待用に調整されている日本の現状に対して憂いを表明する。現在

記事を読む

no image

佐藤優「野蛮人のテーブルマナー」講談社プラスアルファ文庫

やっぱり、この人の本は、乱造のところはあるのかな。最近の新刊は読んでみたいと思ってはいるのだけれど

記事を読む

no image

山田昌弘「若者の希望を潰す新卒偏重の採用 (The compass)」週刊東洋経済2009.1.24

学者や言論人というのは、自分の言うことを決して変更しない、そしてそれが常に正しいように努力するので、

記事を読む

no image

「IPOから疑え! 歪められた『価格発見機能』公募株求め個人殺到するが合理性欠いた株価変動も」週刊東洋経済2006.2.4

週刊東洋経済という雑誌に対する評価は見極めがたい。ビジネス・スキャンダルの萌芽をしつこく追いかける姿

記事を読む

no image

ロスチャイルドの富は「情報力」で築かれた(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.9.8

ネイサン・ロスチャイルドが相場で大儲けをする有名な話。ここで気になったのは次の文章 ・仮にネイ

記事を読む

no image

小嶋千鶴子「まっすぐなキュウリを売ることが物価を下げるんです(長老の智慧)」週刊東洋経済2007.1.20

ちょっと前に始まったこの連載が面白い。何がって、この人、岡田卓也名誉会長の姉であり、すごい高齢なんで

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑