ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

公開日: : 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド



20121002223608








このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読してしまった。富者を攻撃するところが、読んでいて単純に劣情を満足させたのだろう、卑しいことに


税金の不公平と論じているが、これに対して違和感を感じないでもない


レントと表現されているもの、すなわち、政治との癒着や不完全競争によって得られる利益が問題なのだから、それを排除するのが第一のように思う。それが起こらないようにする仕組みを考える。例えば、収賄や横領、不正競争防止法的な咎により、罰金として没収されたりするのが自然に思ったりする


これを税で対応しようとすると、そうでない不正?公正でない?そんな利益、言いかえると、自然な価値創造のベンチマークとしての利益についても、同様に懲罰的な課税が当てはまってしまう。これがおかしい


前提として、応益的に税金を払ったらよいとはもともと思っている




・魚は頭から腐るという古い格言がある。大統領やその周囲の人間が公正な税負担を引き受けないとしたら、他の人々が引き受けることをどうして期待できよう。そして、誰も引き受けないとしたら、われわれに必要な公共財の費用をどうやって賄うことができよう。


・大富豪の投資家、ウォーレン・バフェットは、払わなくてはいけない額以上の税金を払う必要はないが、自分の所得にかかる税金が自分の秘書が払わねばならない税金より低率になる課税制度は、根本的に間違っていると主張している


・実際、最上層の人々が得る利益の多くが、経済学者のいうところの「レント」(訳注:超過利潤。政治との癒着や不完全競争によって得られる利益)である。それは経済というパイの拡大からではなく、既存のパイのより大きな一切れをつかみ取ることから得られるものだ


・経済格差は政治格差につながり、それがまた経済格差を拡大しているのである。その一因となっているのが、過去10年間、「13%以上」の所得税を払ってきたと主張しているロムニーのような人々が公正な負担分を払わずに済ませられる課税制度だ。こうした経済格差──市場原理だけでなく政治の産物でもある──が、今日の全体的な景気低迷の一因になっているのである


・アメリカの最高限界所得税率が35%であることを考えると、彼が大規模な租税回避を行っているのは間違いないだろう。しかも、問題はもちろんロムニーだけではない。ロムニー級の租税回避のせいで、現代経済の繁栄に欠かせない公共財の費用を賄うのが難しくなっていることは明白だ







google adsense

関連記事

no image

菅原雅信「ドバイでも日本酒は売れる 4割市場で販売量5倍の秘密――桜井博志氏(特集 売れない時代に私が売る)」日経ビジネス2009年7月13日号

20090912080042 杜氏の存在理由がなくなる事例。誰でも酒造りができる体制。「この人でな

記事を読む

no image

「激論!技術進歩を国が潰す 寛容を失った日本に新産業は興らない!藤沢数希(人気ブロガー)×猪子寿之(チームラボ社長)」週刊ダイヤモンド2012/07/21

20120719004055 この対談特集がすごくおもしろい。シリーズになれば今後も定期購読す

記事を読む

no image

須賀彩子「不動産市場に忍び寄る地殻変動で生き残り図る新興不動産の”逆バリ戦略”(産業レポート)」週刊ダイヤモンド2007/10/20

これって理屈がおかしいですよね。善解しても、相当端折った書き方か、または文章が推敲されていないという

記事を読む

no image

梅咲恵司「新型軽自動車『アイ』が好発進 三菱自動車『復調』はホンモノか」週刊東洋経済2006.3.4

またまた、専門家がどの程度のものかに関する事例。外部コンサルタントよりの言うことは間違っていた

記事を読む

no image

堀場雅夫「第三者委員会の欺瞞(終わらない話)」日経ビジネス2007年7月16日号

本質と異なることはやめましょうねってんだ。なるべくこういうことは敬遠すべきだということだ。付き合って

記事を読む

no image

飯泉梓「ユナイテッドアローズ 顧客の声、商品と接客で表現(戦略 顧客志向)」日経ビジネス2005年8月1日号

ユナイテッドアローズ(UA)の経営改善のポイントを3ページの記事にまとめたもの 最初の徹底した調査

記事を読む

no image

井上裕「永守重信氏 企業買収で人を育てる(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月27日号

20060413014000 永守氏のインタビュー記事。ササッと読もうとして、やはり立ち止まってし

記事を読む

no image

ロスチャイルドの富は「情報力」で築かれた(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.9.8

ネイサン・ロスチャイルドが相場で大儲けをする有名な話。ここで気になったのは次の文章 ・仮にネイ

記事を読む

no image

山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28

この方の言葉は、語り口が軽く、内容が平易かつ合理的で、若干の皮肉も効いていて、腹にストンと落ちてくる

記事を読む

no image

鈴木棟一「民主をまねて自民が大揺れ 世襲制限めぐる対立の行方(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2009/06/06

最近、気になる ・自らは秋田から集団就職列車で上野駅に着き、東武東上線の沿線のベニヤ工場で働き

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑