ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

公開日: : 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド



20121002223608








このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読してしまった。富者を攻撃するところが、読んでいて単純に劣情を満足させたのだろう、卑しいことに


税金の不公平と論じているが、これに対して違和感を感じないでもない


レントと表現されているもの、すなわち、政治との癒着や不完全競争によって得られる利益が問題なのだから、それを排除するのが第一のように思う。それが起こらないようにする仕組みを考える。例えば、収賄や横領、不正競争防止法的な咎により、罰金として没収されたりするのが自然に思ったりする


これを税で対応しようとすると、そうでない不正?公正でない?そんな利益、言いかえると、自然な価値創造のベンチマークとしての利益についても、同様に懲罰的な課税が当てはまってしまう。これがおかしい


前提として、応益的に税金を払ったらよいとはもともと思っている




・魚は頭から腐るという古い格言がある。大統領やその周囲の人間が公正な税負担を引き受けないとしたら、他の人々が引き受けることをどうして期待できよう。そして、誰も引き受けないとしたら、われわれに必要な公共財の費用をどうやって賄うことができよう。


・大富豪の投資家、ウォーレン・バフェットは、払わなくてはいけない額以上の税金を払う必要はないが、自分の所得にかかる税金が自分の秘書が払わねばならない税金より低率になる課税制度は、根本的に間違っていると主張している


・実際、最上層の人々が得る利益の多くが、経済学者のいうところの「レント」(訳注:超過利潤。政治との癒着や不完全競争によって得られる利益)である。それは経済というパイの拡大からではなく、既存のパイのより大きな一切れをつかみ取ることから得られるものだ


・経済格差は政治格差につながり、それがまた経済格差を拡大しているのである。その一因となっているのが、過去10年間、「13%以上」の所得税を払ってきたと主張しているロムニーのような人々が公正な負担分を払わずに済ませられる課税制度だ。こうした経済格差──市場原理だけでなく政治の産物でもある──が、今日の全体的な景気低迷の一因になっているのである


・アメリカの最高限界所得税率が35%であることを考えると、彼が大規模な租税回避を行っているのは間違いないだろう。しかも、問題はもちろんロムニーだけではない。ロムニー級の租税回避のせいで、現代経済の繁栄に欠かせない公共財の費用を賄うのが難しくなっていることは明白だ







google adsense

関連記事

no image

大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

20070508220200 リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気の

記事を読む

no image

新井美江子ほか「必見!モテる企業ランキング 男は収入、女は外見という現実(特集 今、入るべき会社)」週刊ダイヤモンド2012/12/01

20121208003155 この特集がかなり面白かった。切り口が良くグッと最後まで通読さ

記事を読む

no image

「トヨタ自動車社長渡辺捷昭(Key person interview)」週刊東洋経済2005.7.23

20050721180200 トヨタの新社長に対するインタビュー記事。掲載された上半身の写真で、渡

記事を読む

no image

井上裕「武藤信一氏 信用力を多面展開(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年5月15日号

確かに新宿伊勢丹は駅から遠い。今後は地下鉄の開業で駅前になるようだが、これまでその事実を必死に捉えて

記事を読む

no image

山田昌弘「若者の希望を潰す新卒偏重の採用 (The compass)」週刊東洋経済2009.1.24

学者や言論人というのは、自分の言うことを決して変更しない、そしてそれが常に正しいように努力するので、

記事を読む

no image

大橋洋治「未曾有の危機でこそ社員との直接対話を(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月7日号

日経ビジネスの巻頭に、それも目次よりも前に、このコーナーがある。大体いいことが書いてある。後ろのほう

記事を読む

no image

臼井真粧美ほか『「御三家」沈没!国内勢も大不振 オークラ内部崩壊の真相。国内老舗ホテルの惨状(特集 ホテル&旅館 大淘汰)』週刊ダイヤモンド2009/03/28

20090324225925 はいはい、衰退してください ・財界の次世代をつなぎ止められない

記事を読む

no image

佐々木紀彦ほか「落ちる中間層 ホワイトカラーの没落」週刊東洋経済2006.12.9

最近、痛快だったのがこの記事 大企業ほど、こういうところがある。抱え込んだ仕事が多いほど「なくては

記事を読む

no image

野口悠紀雄「英語力が国力を決める時代(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/10/07

週刊ダイヤモンドの最新号は、「外国が日本のことをどのように見ているか」という、日本人好みといわれるテ

記事を読む

no image

野口悠紀雄「株式会社はリスクに挑戦しなければ存在意義がない(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.11.3

20080611060000 宮内義彦「経営論」において、会社がオーバープレゼンスだと言っていたこ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑