東えびす「中印急接近のスリランカ やがて民族が消滅する!?(ミスターWHOの少数異見)」週刊東洋経済2013/02/02

公開日: : 書評(雑誌), 週刊東洋経済



20130316100210








こういう匿名のコラムは気になる。名前がないので責任が軽い。このため無責任に書くというデメリットがあろう。しかし、書きたいことを素直に書けるというメリットもあるだろう


タイトルも内容も印象的だった。シンハラ人男性が内線で激減。適齢期のシンハラ人女性が結婚難になる。一方でアラブ人男性が経済進出。彼らが裕福で一夫多妻であるために国際結婚が多くなる。その結果、今後シンハラ人がどんどん少なくなってしまう、とうことらしい


純粋なシンハラ人の定義などはわからない。ユダヤ人は母親がユダヤ人だという定義があったように思い出した。それでも南インドと人種が一緒だと思うので、ドラヴィダ系とアラブではかなり見た目も違う


その国の経済の盛衰に伴って、こういう男女関係や結婚の観点から物を言われることも多い。経済的に苦しいから女性が身を売るようになるとか、女性の上方婚志向(上昇婚志向)とか。こういうの面白いので、ついメモってしまう




・実は、スリランカが抱える最大の問題は、マジョリティであるシンハラ人の減少だ。


・仏教信者のシンハラ人は人口の70%を占めるが、内戦で多くの青年が死亡し、男女比率はそうとう、女性に偏っている。大学のキャンパスを歩いても、目につくのは女子学生ばかり。彼女たちは深刻な結婚難に直面している。


・そこへ台頭してきたのがイスラム勢力だ。中東の豊富な資金を武器に、大型ショッピングモールなどを続々と建設。そこにシンハラ人女性が雇用され、アラブ男性と接触する機会が増えている。


・イスラム社会は一夫多妻制であり、奥さんは4人まで持てる。結婚相手のいないシンハラ人女性がイスラム教に改宗し、第2夫人に納まるケースも珍しくないという。


・「このままいけば100年後にはシンハラ人はいなくなる」という地元民の不安は大げさにしても、静かな地殻変動が起こっていることは間違いない。平和ボケの目をこすりつつ、この国の行く末を見据えていきたい。







google adsense

関連記事

no image

井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

昨日の"宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3

記事を読む

no image

佐々木紀彦ほか「落ちる中間層 ホワイトカラーの没落」週刊東洋経済2006.12.9

最近、痛快だったのがこの記事 大企業ほど、こういうところがある。抱え込んだ仕事が多いほど「なくては

記事を読む

no image

片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かった

記事を読む

no image

山田昌弘「若者に厳しい民主党政権 若者を犠牲にした財政再建の意味とは?(THE COMPASS)」週刊東洋経済2012/03/31

20120911011303 若者に厳しく、高齢者に優しい。これをひっくり返すために、若者は、

記事を読む

no image

大坪稚子ほか「劇団四季 経常利益率2ケタの高収益 劇団経営に革命を起こす(特集 エンタメ全解剖)」週刊ダイヤモンド2008/08/23

20080907060000 コンティンジェンシー・プランがしっかりしている。こういうのが業界特有

記事を読む

no image

井上裕「三井物産社長槍田松瑩氏 利益至上が会社滅ぼす(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年1月29日号

感銘を受けた記事。この社長はすごくいいことを言っている。100%定性評価でいいというのは新鮮だった

記事を読む

no image

佐藤優「1人に1億円投じる諜報機関の研修内容(知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2008.1.12

氏の書き物についての過去のメモは、これ"手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

記事を読む

no image

山田昌弘「日本はポップカルチャーの国? 日本アニメ、アイドルの影響力 (THE COMPASS)」週刊東洋経済2012.1.7

20120116004616 実際に、そのような留学生や社会人を多く見てきた。この記事では「げんし

記事を読む

no image

前田和彦「プライベートバンクが富裕層に普及しない理由」週刊ダイヤモンド2006/10/14

20061107025100 日本の金融機関の収益構造に関する鋭い指摘がある。顧客にとっては、身の

記事を読む

no image

山崎元「『株式投資はバクチだ』と説明してはどうか(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/22

いつものことながら、いい題材を取り上げて、絶妙な説明をなさっている。この「バクチです」については、同

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑