東えびす「中印急接近のスリランカ やがて民族が消滅する!?(ミスターWHOの少数異見)」週刊東洋経済2013/02/02

公開日: : 書評(雑誌), 週刊東洋経済



20130316100210








こういう匿名のコラムは気になる。名前がないので責任が軽い。このため無責任に書くというデメリットがあろう。しかし、書きたいことを素直に書けるというメリットもあるだろう


タイトルも内容も印象的だった。シンハラ人男性が内線で激減。適齢期のシンハラ人女性が結婚難になる。一方でアラブ人男性が経済進出。彼らが裕福で一夫多妻であるために国際結婚が多くなる。その結果、今後シンハラ人がどんどん少なくなってしまう、とうことらしい


純粋なシンハラ人の定義などはわからない。ユダヤ人は母親がユダヤ人だという定義があったように思い出した。それでも南インドと人種が一緒だと思うので、ドラヴィダ系とアラブではかなり見た目も違う


その国の経済の盛衰に伴って、こういう男女関係や結婚の観点から物を言われることも多い。経済的に苦しいから女性が身を売るようになるとか、女性の上方婚志向(上昇婚志向)とか。こういうの面白いので、ついメモってしまう




・実は、スリランカが抱える最大の問題は、マジョリティであるシンハラ人の減少だ。


・仏教信者のシンハラ人は人口の70%を占めるが、内戦で多くの青年が死亡し、男女比率はそうとう、女性に偏っている。大学のキャンパスを歩いても、目につくのは女子学生ばかり。彼女たちは深刻な結婚難に直面している。


・そこへ台頭してきたのがイスラム勢力だ。中東の豊富な資金を武器に、大型ショッピングモールなどを続々と建設。そこにシンハラ人女性が雇用され、アラブ男性と接触する機会が増えている。


・イスラム社会は一夫多妻制であり、奥さんは4人まで持てる。結婚相手のいないシンハラ人女性がイスラム教に改宗し、第2夫人に納まるケースも珍しくないという。


・「このままいけば100年後にはシンハラ人はいなくなる」という地元民の不安は大げさにしても、静かな地殻変動が起こっていることは間違いない。平和ボケの目をこすりつつ、この国の行く末を見据えていきたい。







google adsense

関連記事

no image

池田光史ほか「偏差値で測定不能な唯一の存在 政財官に深く進出する創価大学(特集 大学全比較)」週刊ダイヤモンド2012/09/29

20120928000456 大学特集なんてのをこんなビジネス誌がやる必要があるのか。って

記事を読む

no image

白壁達久「白井智子 教育界のジャンヌ・ダルク(旗手たちのアリア)」日経ビジネス2012.1.16

20120218110316 このエピソードだけ目にとまった 白井の教育改革の原点は、幼少期

記事を読む

no image

張子溪「みんな知らない漬物業界(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012.2.4

20120221003658 まず業界のお勉強。漬物の食品としての歴史は古いが、商品としての歴史は

記事を読む

no image

「五味廣文(元金融庁長官)インタビュー規律欠如が過剰規制を生む 自縄自縛に苦しむ証券業界」週刊ダイヤモンド2012/09/08

20120916014826 今年度上期の金融ビジネスシーンでは、「自浄努力」が流行語大賞

記事を読む

no image

鈴木宗男「渦中のひと 鈴木宗男元衆議院議員の告白 ロシア外交の灯を再び」日経ビジネス2011.11.28

20111129234013 現在、喜連川にて収監中という。そこで、ここまでの主張ができるとは驚く

記事を読む

no image

新井美江子ほか「特集 新・ニッポンの接待」週刊ダイヤモンド2012/6/23

20120620004052 今週は非常におもしろい特集 確かヨーロッパのほうでは民間同士の賄賂

記事を読む

no image

大橋洋治「未曾有の危機でこそ社員との直接対話を(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月7日号

日経ビジネスの巻頭に、それも目次よりも前に、このコーナーがある。大体いいことが書いてある。後ろのほう

記事を読む

no image

田中陽「高田明氏 思いを電波に乗せて売る(ひと劇場 地方の異能経営者)」日経ビジネス2007年3月12日号

ジャパネットたかた社長の話。文章が上手だった。というよりも題材が良すぎた? 私が、心を揺すぶられる経

記事を読む

no image

原田泰「インセンティブが働かない日本社会(The compass)」週刊東洋経済2006.6.10

できないことを「できる」という。現実と建前が違う。こういうのってすごく多くて、すごく気になる 確か

記事を読む

no image

佐々木常夫「男性社員の育児休業は本人も会社にもプラス(ワークライフバランスを実現する仕事術 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9

20100406092423 育児休暇は育児のための休暇であって、それ以上でも以下でもない。育

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑