佐々木亨「学べる! 山歩きの地図読み」山と渓谷社

公開日: : 書評(書籍)



20130427002332








山を歩くための地図の読み方の基礎が分かる。地図の種類や注意点など地図そのものについて。そして地形と等高線など地図から読み取れる内容について。内容的には正直言って少し物足りないけれど、初心者としてはちょうどよい。どんなことでも1冊で会得しようと思うのが間違いだ


以上はタイトルのとおりであって当然。さらに、この本の出色は、挙げられているケースのほとんどが関東の低山となっていることだ。特に東京住まいの人間にとってうってつけ。奥多摩の高水三山、秩父の日和田山、そして八王子の高尾山。どこも、東京から電車で日帰りが可能なところだ。山歩きとしては非常に初級のレベルなので、天気のよい日を選ぶならば、これといった専門の用具も使わずに登ることができる


とりあえず山に興味があるならば、この本を読んでその解説のとおりに山歩きをすれば、書いてあることを実際に体験することが出来る。それで興味が湧いてくれば、場所を調べてみたり、道具を揃えてみたりすればよい。そういう意味で、地図読みの本を越えて、山歩きのよい導入になる本だ





google adsense

関連記事

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

no image

芦永奈雄「コミュニケーション力を高める文章の技術」フォレスト出版

20100918215229 文章の技術、というよりは、一言、「言いたいことを探せ」という

記事を読む

no image

石川知裕「雑巾がけ 小沢一郎という試練」新潮新書

20121205232517 面白い。政治が好きだから。小沢一郎が好きだから。有罪判決を受

記事を読む

no image

奈良本辰也監修「図説戦国武将おもしろ事典」知的生きかた文庫

内容はコモディティ。9割5分まですでに知っていた情報。戦国時代を通しでお浚いするのに便利。義務教育で

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の言葉」新潮文庫

好きな著者の一人。きわめて胸が空く。過去にもこんな本を読んでいる。"中島義道「うるさい日本の私」新潮

記事を読む

no image

エルバート・ハバード「ガルシアへの手紙」総合法令

20090108220600 "清水克衛ほか「本調子」総合法令"にも登場するハイブロー武蔵

記事を読む

no image

林成之「勝負脳の鍛え方」講談社現代新書

筆者をテレビの特集で見たことがあると思う。脳外科の救急病院で、従来では助からないような脳障害の救急患

記事を読む

坂下仁「いますぐ妻を社長にしなさい」サンマーク出版

20140508181836 いますぐ妻を社長にしなさい著者 : 坂下仁サンマーク出版発売日 :

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版③

20071211060000 ”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”と”安田佳生

記事を読む

no image

クリスティン・ニュートン+古賀良子「絵を右脳で描く」旬報社

保育士試験の第1次筆記試験が10科目全部一発合格ということになった。なお、10科目を含む、保育士試験

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑