佐々木亨「学べる! 山歩きの地図読み」山と渓谷社

公開日: : 書評(書籍)



20130427002332








山を歩くための地図の読み方の基礎が分かる。地図の種類や注意点など地図そのものについて。そして地形と等高線など地図から読み取れる内容について。内容的には正直言って少し物足りないけれど、初心者としてはちょうどよい。どんなことでも1冊で会得しようと思うのが間違いだ


以上はタイトルのとおりであって当然。さらに、この本の出色は、挙げられているケースのほとんどが関東の低山となっていることだ。特に東京住まいの人間にとってうってつけ。奥多摩の高水三山、秩父の日和田山、そして八王子の高尾山。どこも、東京から電車で日帰りが可能なところだ。山歩きとしては非常に初級のレベルなので、天気のよい日を選ぶならば、これといった専門の用具も使わずに登ることができる


とりあえず山に興味があるならば、この本を読んでその解説のとおりに山歩きをすれば、書いてあることを実際に体験することが出来る。それで興味が湧いてくれば、場所を調べてみたり、道具を揃えてみたりすればよい。そういう意味で、地図読みの本を越えて、山歩きのよい導入になる本だ





google adsense

関連記事

no image

深澤真紀「平成男子図鑑」日経BP社

おもしろい読み物。どう役に立つものでもない。むしろ、真に受けちゃ行けない。下流社会を読んでいる感じ。

記事を読む

no image

アミール・D・アクゼル「偶然の確率」アーティストハウスパブリッシャーズ

思っていたより簡単。思っていたほど内容が薄い。文章も薄い。超速で読み終わってしまった。しかし面白かっ

記事を読む

no image

P.F.ドラッカー「プロフェッショナルの原点」ダイヤモンド社

読んでからわかったけど、これってドラッカーの著作からの抜き書き集なんだな。準備のできないまま断片だけ

記事を読む

no image

ポール グレアム Paul Graham「ハッカーと画家」オーム社

20130128225245 コンピュータ関係の仕事に関係するならば読んでおかなければと思

記事を読む

no image

稲垣道夫「カーボン-古くて新しい材料-」東京工業調査会

身近なもの、工業的に使用されているもの、可能性を秘めているもの、という3つの分類で紹介していく。説明

記事を読む

no image

鈴木理生「東京の地理がわかる事典」日本実業出版社

じっくりと1ページ1ページ読み込んでしまう良書。本当かどうか分からないが、かなりマニアックな内容で、

記事を読む

no image

門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

20080121060000 前に読んだ別の著作"門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

記事を読む

no image

山田ズーニー「伝わる・揺さぶる!文章を書く」PHP新書

文章を7つの要件に分けて丁寧に解説してくれる。意見、望む結果、論点、読み手、自分の立場、論拠、根本思

記事を読む

no image

梨木香歩「家守綺譚」新潮文庫

ここ10年くらい、フィクションはあまり読まなかったりする。年に数冊くらいか こういうものを先を争っ

記事を読む

no image

ロバート・キヨサキほか「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」筑摩書房

豊富な事例を滝のように出してくれる。同じ主張を、手を換え品を換え、これでもかこれでもかと説得される

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑