Dustin Boswellほか「リーダブルコード」オライリージャパン

公開日: : 書評(書籍), デザイン



20140215005631

才知の発露である芸術的な一文よりも、誰が見ても分かるような複文にすべきだ。いまの自分に、他人や将来の自分は付き合いきれないかもしれない。将来の自分とは6か月後の自分だ。

こんなこと仕事を始めて少し経てば分かることだ、方針自体は。より具体的に合理的に整理したのが本書。

アメリカらしい。オライリーだし。挿絵とか文章の運び方やセンスが。もろに英文を和訳しましたって感じ。このノリ嫌いじゃないので楽しんで読めた。

あと、巻末に索引があるだけで高評価。

有能でありかつ商品化されることを嫌うプログラマーは、このようなリーダブルコードを期待することは難しい。集団とそこに所属する個人の利害関係を思う。そこをうまく利害の方向性を同一にできるかが経営の技量とことかいう。

そういう意味では経営者がコンサルタント雇って自分では言えないことを代わりに言わせるみたいな、そんな匂いも感じる一冊。

p10.”「空虚な」単語は避けるべきだ。例えば、「get」はあまり明確な単語ではない。「get」という単語からは何も伝わってこない。”

日本語でもよくある。いちばん気になるのは「登録」だな。

p12.”tmp、retval、fooのような名前をつけるのは、「名前のことなんて考えていません」と言っているようなものだ。”

p20.変数名に値の単位を含める。重要な属性を追加する。ハンガリアン記法ほど厳格でなくてよい。

p30.”名前が「他の意味と間違えられることはないだろうか?」と何度も自問自答する。”

p43.”見た目が美しいコードのほうが使いやすいには明らかだ。考えてみれば、プログラミングの時間のほとんどはコードを読む時間なのだッ!”

p44.改行や空白を入れて読みやすくする。修正の際もそれほどの手間ではない。さらにブロックや段落を入れる。

p59.”コメントはひどい名前の埋め合わせに使うものではない。”

p60.コメントには自分の考えを記録する。

p61.”コードの欠陥を文書化することを恥ずかしがってはいけない。”

p72.”古典漫才の「Who’s on First?」からもわかるように、代名詞は物事を複雑にしてしまう”

日本語だと主語も不要になるからこんな状況への遭遇機会が増す。

p91.do/whileを避ける。

p93.”基本的にはgotoは使わない”

p93.ネストは浅く、早めに返す。

p126.変数をなるべく軽くする。減らす、スコープを小さくする、書き込みを一度だけにする。

p130.”エンジニアリングとは、大きな問題を小さな問題に分割して、それぞれの解決策を組み立てることに他ならない。”

p141.プロジェクト固有のコードから汎用コードを分離する。”ほとんどのコードは汎用化できる。”

p155.”「一度に1つのタスクを行う」”

p165.プログラムを簡単な言葉で説明する。”説明することでコードがより自然になっていく。”

p172.”たまには標準ライブラリのすべての関数・モジュール・型の名前を15分かけて読んでみよう。”

p175.”できるだけコードを書かない”

p202.”外部の視点を得る” “「他の人」には、6か月後の自分も含まれている。”






google adsense

関連記事

no image

藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫

平易な記載。内容がおもしろく、かつ思索の浅い大衆にとってなかなか示唆に富む。社会人についての絶妙な分

記事を読む

no image

デブラ・E・メイヤーソン「静かなる改革者」ダイヤモンド社

タイトルやその考え方には唸らせるものがあったが、実際に内容を読んでみると、アメリカの本の邦訳によくあ

記事を読む

no image

デイル・ドーテン「笑って仕事をしてますか?」小学館プロダクション

この本も、買ってから2年くらい放っておいたものだ。なぜ今まで読まなかったのかと後悔しきり。しかも当時

記事を読む

no image

吉川武男「バランス・スコアカードの知識」日経文庫

バランス・スコアカードに暫く前から興味があったので読んでみたもの 内容が煩雑なのでなんともいえない

記事を読む

no image

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」文藝春秋

村上春樹の本を久しぶりに読んだ。しかも、こういった小説でないものを。少しマラソンに興味を持ち始めたこ

記事を読む

no image

藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」アメーバブックス

2時間程度で読み終える。一読の価値は十分にある。 オフィスをいつも身の丈以上に広い場所にしてきた。

記事を読む

no image

ウォルフガング・ロッツ「スパイのためのハンドブック」ハヤカワ文庫NF

こういう本をもっと読んでいきたい。スパイになりたいのではなく、スパイであるために何をするのか、という

記事を読む

no image

村上隆「芸術起業論」幻冬舎

刊行当初から雑誌の書評などで取り上げられていたので読むつもりでいた。近い具体的な知人からの薦

記事を読む

no image

田坂広志「深き思索 静かな気づき 『仕事の思想』を高める25の物語」PHP研究所

じっくり読んでも30分くらいで読み終わる本。価格も本体1,100円と安い。しかし、内容はそれらを超え

記事を読む

no image

杉山勝行ほか「自分ブランドの創り方」全日出版

12人の先駆者からのヒアリングを紹介しながら自分ブランドを作るために必要なノウハウを教えてくれる本

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑