志賀櫻「タックス・ヘイブン 逃げていく税金」岩波新書

公開日: : おかねまわり, 書評(書籍)



20140405001601

志賀櫻「タックス・ヘイブン 逃げていく税金」岩波新書

こっちと併せて読んだ。藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」幻冬舎文庫 | hiog

こちらはかなり主観的というか、その経験からくる、その時点での断片的な知識を寄せ集めただけ。あまり深くない。自分の自慢になっている。いや、そのとおり偉い人なんだろうけれども。そう、略歴や著述の節々に出てくる地位を見ていると確かに偉い人に違いないけれど。ただ、その立場ゆえか、租税回避を悪とみる二元論というか勧善懲悪的というか。

p58.このとき、クレディ・スイスの首脳であった某氏は、あまりにも見え透いた規則違反を平然と働くので有名であった。筆者は、ビル・マクドノーNY連銀総裁とハワード・デイビス英金融サービス機構(FSA)長官に、「アメリカと英国はなぜ、彼のような人間がマーケットにいることを許しているのか」と詰め寄ったことがある。ところが、二人とも返事をはぐらかして明言を避けるので、なにか変だと思った。
p133.諜報機関といえども、金融機関を利用することなしに仕事はできない。これは逆に言うと、金融機関を見るときにはそういう目で見る必要もあるということである。どこかの政府が合理的な説明のつかない、訳のわからない行動をとったときには、それなりに裏の事情がある。






google adsense

関連記事

no image

田中森一「反転」幻冬舎

登場する人物や機関のものの考え方がわかる。世間を騒がせた刑事事件の内幕がわかる。大きな金の動いている

記事を読む

no image

ピーター・セージ「自分を超える法」ダイヤモンド社

20120707111440 また自己啓発的な本を読んでしまった。ダイヤモンド社らしい本だ

記事を読む

no image

ジム・レーヤー「ビジネスマンのためのメンタルタフネス」TBSブリタニカ

精神の状態を4つの分類にわけて、精神コントロールに重要な切り口から各章で説明していく。なかなか説得的

記事を読む

no image

坂本桂一「頭のいい人が儲からない理由」講談社

20070717003000 かなり刺激的な本だ。とりわけ、学校の成績や会社での評価の高そ

記事を読む

藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」幻冬舎文庫

20140404175350 アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門 (幻冬舎新書)

記事を読む

no image

中島隆信「これも経済学だ!」ちくま新書

前評判どおりに面白かった。角界の話や、江戸時代の固定的な社会システムに関する説明は新鮮だった。茶、絵

記事を読む

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

no image

加藤昌治「考具」TBSブリタニカ

20070826061000 多くのことが書かれているが、かといって翻訳本的なびっしりと活

記事を読む

no image

佐々木紀彦「米国製エリートは本当にすごいのか?」東洋経済新報社

20120501004816 著者のスタンフォード大学への留学記。に近い。留学にかこつけて

記事を読む

no image

林恵子「「できる女」はやわらかい―ラッキーサクセスの仕事術」亜紀書房

これを読んでいる間いつも頭から離れなかった疑問は、「著者に子どもはいるのだろうか」ということ。これは

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑