英文の住所証明の入手

公開日: : おかねまわり, 雑感



20140505175615


主にネット経由で海外のファシリティ(主に金融系)を使うときに、求められる本人確認書類として、パスポートなどの同一性確認だけでなく、住所の確認として自分の住所が印刷された紙を求められることがある。前者は日本の場合はパスコート一択として仕方がない。が、後者については悩みどころだ。ほんとうはutility billとかいって、例えば水道やガスの料金明細など身近な手紙を使っても良い。日本の場合でもときどきあることだ。しかしこれが英文でとなるとなかなか見つからない。


過去にも使ったことのあるのが、新生銀行の英文の残高証明書。これがいつのまにか有料になっていた。1,000円に消費税で1,080円とのこと。残念。過去に発行してもらったときには、住所の表記について事細かに確認しながら処理を進めてくれた。

日本語もしくは英語の残高証明書が欲しいのですが、どのような手続きが必要ですか? – よくあるご質問:FAQ | 新生銀行


住信SBI信託銀行では英文での残高証明書をpdfで即時に取得できる。しかし、こちらには住所がないのが残念。通常は要件に満たないだろう。改善されることを期待したいけれども、そもそも英文の住所を登録する仕組みになっていないのではないかな。また、もともとpdfであって印刷物ではないので分かるところにはダメとされてしまうと思う。

【ご参考】当社発行の各種証明書見本


日本のシティバンクならばマンスリーの取引明細書を郵送してくれたはずだ。そして、口座そのものの設定として英語を設定することができるはずだ。自分自身は、サブプライム危機のときに解約して以来ご無沙汰な銀行なんだけど。また、口座維持手数料のケアが必要だけれども。


以上が入手不可能な場合もあるだろう。そんなときは行政書士に頼まなければならない。日本語のそういった書類(東京電力でも水道でも)に対して、英文に訳して認証をしてくれる。


「パスポート認証」などで検索をすればいろいろと見つかると思う。この仕事は普遍的なフォーマットが存在しない。依頼するならば、しっかりと要件を伝えるか、それがムリなら確認してくれたり、通訳をしてくれるような丁寧な業者を探さなければならない。


だいたい、海外主要先進国でいうところのnotaryという存在が日本には微妙にズレていたりするので、その辺をうまく丸め込んでくれるかどうか、という心配もある。日本でいう公証人では「敷居が高い」し、高価だ。分かっている行政書士は、Gyoseishoshi Lawyerなどと「ロイヤー」を積極的に名乗り、かつ、日本の行政書士制度を説明することで提出先への信用を得る努力を惜しまない。


こういった行政書士は、行政機関を勤め上げて資格を得たような人が対応してくれることはまずない。むしろ、独立したくて行政書士の資格を取ったような人が、得意分野の一つとして海外向け書類認証を標榜するケースが多いと思う。そんな印象だ。畢竟、サービス精神が旺盛で、優しい人が多い。


半面、手数料については完全競争となっている感が強い。安いところでは3,000円くらいから高くてもフルサービスで1万円くらいだろうか。もちろん行政書士も商売なので価格戦略があるだろう。この辺は、まさに依頼者が手間を惜しむための手数料と言えるだろう。


これで作ったところで、提出先からはじかれる可能性もないではない。そういう意味では、仮に手続き好きな自分が、このような仕事ができるといったところでやろうとはとうてい思えない。しかし、いったんフォーマットができてしまえば、繰り返すだけなのだから楽といえないこともない。








google adsense

関連記事

橘玲「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」ダイヤモンド社

20130821001756 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル著者 : 橘玲ダイヤモンド社

記事を読む

no image

長田庄一「バブル獄中記」幻冬舎

20120311151029 本人の手記の部分をメインに、本人の足跡をたどる無名の解説文が各章の冒

記事を読む

no image

新生銀行で英文の書面をもらうことの整理

20130114141629 英文の残高証明書をもらうことは可能。1週間程度の待ち時間が必要。これ

記事を読む

no image

アレルギー対策のお薬の整理/ザイザル

20130223105433 小さい頃から通年で鼻炎だった。鼻炎はもう生来的な自分だと諦めている

記事を読む

no image

米国のCitibank、口座維持の話

(20111021003933) 米国のCitibankから改まった手紙が10日くらい前に

記事を読む

no image

前田和彦「プライベートバンクが富裕層に普及しない理由」週刊ダイヤモンド2006/10/14

20061107025100 日本の金融機関の収益構造に関する鋭い指摘がある。顧客にとっては、身の

記事を読む

no image

マイカーの所有権解除の手続きをした話

20130512232355 現在のマイカーを買うときに、特に資金繰りに不安はなかったんだけど、社

記事を読む

住信SBIのサービス改悪または「スマートプログラム(仮称)」

20151004094500 住信SBIのサービスが改悪という話が出た。「スマートプログラム(

記事を読む

no image

アメリカのCitibankから手紙が来た、または、Section 1073 of the Dodd-Frank Act対応

20130115001652 外国の業者と付き合いがあると、その国の規制の適用や変更に伴い、ときど

記事を読む

no image

映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

20120319010147 観たいと自分が心から思った映画ってそれほどないのだ。これが初めてかも

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑