横山秀夫「半落ち」講談社文庫

公開日: : 書評(書籍)

20140823142713

構成がよく練られている。単純に娯楽小説として面白い。なぜ登場人物がつぎつぎと得心していくのか、最後に明かされた理由がそれほどのものかという点はともかく。

ただ、これは過去にも著者の本を読んで思っていたことを再確認したことだけれど、警察や検察内部の内情に苦しむ登場人物っていう構図は、少し離れて眺めると、ちょっと馬鹿らしいな。警察と検察の取引とか、報道各社の間の競争とか、負の方向での取引しかない。こういう要素がベストセラーたるゆえんなのかもしれないけど。

google adsense

関連記事

no image

羽生善治「簡単に、単純に考える」PHP文庫

将棋の羽生氏が、ラグビーの平尾氏、スポーツ・ジャーナリストの二宮氏、コンピュータ研究者の金出氏の3人

記事を読む

no image

友野典男「行動経済学」光文社新書

新書のサイズではあるが、事例が豊富で、最初の勉強にはなかなか手頃だ。分厚いのは仕方がない。古典的な経

記事を読む

no image

宮内義彦「経営論」日経ビジネス人文庫

20080325060000 真っ当でオーソドックスなことが書いてある。もっと難しいことが

記事を読む

no image

ダン・S・ケネディ「大金持ちをランチに誘え!」東洋経済新報社

「成功するためには」という命題に対する有名な先達の解を引用しつつ、大事なひとつの原則に話を集約させて

記事を読む

no image

ダナ・ジェネット「そんな仕事は部下にまかせろ!」ランダムハウス講談社

これまた2年前に買って積んだままになっていたもの。読めば1時間もかからないのに、直ぐに読んでおけばよ

記事を読む

no image

小林秀之・神田秀樹『「法と経済学」入門』弘文堂

20121230083453 かなり古くなってしまった。しかし、現在も価値を感じる。各項で

記事を読む

no image

清水克衛ほか「本調子」総合法令

読書と成功を紐付ける。明るい、前向き、アツい、ワクワク感。有名だったり、そうでなかったりする6人の著

記事を読む

吉本佳生、 西田宗千佳「暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり」(ブルーバックス)

20140709011311 暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり (ブルーバックス)著者

記事を読む

no image

金谷武洋「日本語に主語はいらない」講談社選書メチエ

20111113231930 言語学というのだろうか。日本語の構造についてのタイトルどおりの内容の

記事を読む

no image

梅原猛 町田宗鳳『仏教入門 法然の「ゆるし」』新潮社とんぼの本

20111120154722 法然が気になる。正確にいうと、昔から気になっている。子供向けの、日本

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑