横山秀夫「半落ち」講談社文庫

公開日: : 書評(書籍)

20140823142713

構成がよく練られている。単純に娯楽小説として面白い。なぜ登場人物がつぎつぎと得心していくのか、最後に明かされた理由がそれほどのものかという点はともかく。

ただ、これは過去にも著者の本を読んで思っていたことを再確認したことだけれど、警察や検察内部の内情に苦しむ登場人物っていう構図は、少し離れて眺めると、ちょっと馬鹿らしいな。警察と検察の取引とか、報道各社の間の競争とか、負の方向での取引しかない。こういう要素がベストセラーたるゆえんなのかもしれないけど。

google adsense

関連記事

no image

粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書①

最近読んだ本の参考文献となっていたのがこの本。生物学系の本は好奇心をくすぐられて結構はまる 前半が

記事を読む

no image

津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

あっさりして読みやすい導入の書 定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業

記事を読む

no image

三枝匡・伊丹敬之『「日本の経営」を創る』日本経済新聞出版社

2人の対談を本にしたようなもの。2人ともすごく偉人に見える。実際、そのとおりなんだろうと思う もう

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社

徳川政権の立ち上がりに昔から興味があった。しかし、そういうものを読んだことはなかった。何十巻にもなる

記事を読む

no image

佐久協「高校生が感動した「論語」」祥伝社新書

20070517001200 孔子ってあんまり好きじゃない。なんか言っていることが破綻して

記事を読む

no image

福岡伸一「動的平衡」木楽舎

20120415003924 この作者の本は、ベストセラーであったこれを過去に読んでいる 福岡伸

記事を読む

no image

吉川武男「バランス・スコアカードの知識」日経文庫

バランス・スコアカードに暫く前から興味があったので読んでみたもの 内容が煩雑なのでなんともいえない

記事を読む

no image

宮内義彦「経営論」日経ビジネス人文庫

20080325060000 真っ当でオーソドックスなことが書いてある。もっと難しいことが

記事を読む

島田荘司「占星術殺人事件 改訂完全版」講談社文庫

20140503161435 占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)著者 : 島田荘司講談社発

記事を読む

no image

菊間ひろみ「英語を学ぶのは40歳からがいい」幻冬舎新書

20141101215342 英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑