生田哲「日本人だけが信じる間違いだらけの健康常識」角川oneテーマ21

公開日: : 書評(書籍)

20140824224436

先日、「炭水化物が人類を滅ぼす」を読んでいたので、糖質制限に反対の立場の本を読んでみた。一読者としては、直ちには納得できなかった。賛成派と反対派でしっかりと話してほしい気がする。読者にばかり一方的に主張するだけのように見える。自分としてはカロリー制限派と糖質制限派の中間的な立場でいる。

ほか、直接関係ない話題も多く、「すべし」でなく「べからず」論が多いので安心して読み進める。牛乳はもともと嫌いでほとんど読まないし、高血圧、高コレステロールやSSRIの薬は無関係だし、呑むな、というのだから無関係だ。

いちばん印象に残ったのは第2章のビタミンCの件である。頻繁に呑むことで体内のビタミンCを高濃度に保てるという。しかし、具体的にどの頻度でどのくらいの量を呑んだらよいか、というところが、わざとだろうか、書かれていなかったことに不満が残る。

試しに毎日3回500mgずつから開始してみようかなと思っている。食後くらいがいちばん服用のきっかけになりやすいから。

google adsense

関連記事

no image

林望「知性の磨きかた」PHP新書

高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方につい

記事を読む

no image

野内良三「レトリックのすすめ」大修館書店

豊富な文例が、それぞれ強く読ませる。何度でもじっくりと読み直したくなる。こういう本を早読みするのはも

記事を読む

no image

中島隆信「これも経済学だ!」ちくま新書

前評判どおりに面白かった。角界の話や、江戸時代の固定的な社会システムに関する説明は新鮮だった。茶、絵

記事を読む

no image

J・A・バーンズ「アミスタッド」ポプラ社

映画「アミスタッド」を忠実に小説化したもの。未成年向けのようだ。しかしだからこそエッセンスがしっかり

記事を読む

no image

池上奈生美外著「インプロであなたも「本番に強い人」になれる」フォレスト出版

この程度の本であれば、30分程度で読むべきだろう 一読すると面白くないようにも思える。内容として特に

記事を読む

no image

ケン・ブランチャード「ザ・リーダーシップ」ダイヤモンド社

リーダーシップのいろはが、ストーリー仕立てでわかりやすく説明されている。ストーリーが陳腐になりがちな

記事を読む

志賀櫻「タックス・ヘイブン 逃げていく税金」岩波新書

20140405001601 タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)著者 : 志賀櫻岩

記事を読む

no image

蛯谷敏「三井物産 人材活性プラン、そろり始動 (現場力)」日経ビジネス2009年5月18日号

社員が同質であることの限界。視野を広げる 部門を横断して様々な経験を退職の危うさなしに可能とする、社

記事を読む

no image

タル・ベン・シャハー「ハーバードの人生を変える授業」大和書房

原題はEven Happierらしい。しかし、邦訳では、ハーバード大学の講座の内容であることの宣伝が

記事を読む

no image

西川善文「ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録」講談社

20120514002041 コンフリクトが面白かった。SMFGの増資の際、GSとの合作で実現した

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑