岸見一郎「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」ダイヤモンド社

公開日: : 書評(書籍)

20141101215342

最近、嗜みとして本を読むことがご無沙汰だったけれど、久々に読んだ本だった。そういうときだからこそ、読んだ本、読めた本だった気がする。

アドラー心理学。こういう考え方を、それと知らずに行っている人って多そうな気がする。人にどう思われるかを気にしてはいけないとか。過去にも未来にもとらわれないとか。人と比較しないとか。

対話調は読みやすくて良かった。共著者が、自分たちをソクラテスとプラトンに準えていたのは少しキモかったけど、確かにそういう関係なんだろうな。プラトンの国家とか法律とか、買って読んでいないことを思い出した。文庫だし、読んでみようか。

google adsense

関連記事

no image

ダニエル・ピンク「ハイコンセプト」三笠書房

20121014112137 ちょっと古い本だけど、早く読んでおけばよかった。評価の高い本

記事を読む

no image

林望「知性の磨きかた」PHP新書

高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方につい

記事を読む

no image

築山節「脳が冴える15の習慣」NHK出版生活人新書

ベストセラーだし、ハック物でもあるので読まない理由がない。その期待に違わず読んでいて面白いし、かつ、

記事を読む

no image

林則行「「銅メダル英語」をめざせ!」光文社新書

20120818045503 英語って、やっぱり、日本人にとってのひとつの引っかかりなんだと思

記事を読む

斉藤賢爾「これでわかったビットコイン」太郎次郎社エディタス

20140615061107 これでわかったビットコイン: 生きのこる通貨の条件著者 : 斉藤賢爾

記事を読む

no image

西田文郎「面白いほど成功するツキの大原則 ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます」現代書林

こういう本、好きなんです ツキが大事だということと、それをどのように自分のものにするか、ということが

記事を読む

no image

サイトウアキヒロ「ゲームニクスとは何か」幻冬社新書

任天堂のDSやWiiを賞賛する。ゲームの作り方がビジネスに参考になるという。確かにそう思うけど、牽強

記事を読む

no image

大竹文雄「競争と公平感」中公新書

20120319221749 中公新書って、その装丁のリジッドな割には、中身は平易ですらすらと読め

記事を読む

no image

日経BP企画編著「図解90分でマスター ネットではじめる為替取引」日経BP企画

本全体が洗練されている。見開き毎に論点が整理され、説明がコンパクト。入門書として必要十分な内容。わか

記事を読む

no image

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」文藝春秋

村上春樹の本を久しぶりに読んだ。しかも、こういった小説でないものを。少しマラソンに興味を持ち始めたこ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑