岸見一郎「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」ダイヤモンド社

公開日: : 書評(書籍)

20141101215342

最近、嗜みとして本を読むことがご無沙汰だったけれど、久々に読んだ本だった。そういうときだからこそ、読んだ本、読めた本だった気がする。

アドラー心理学。こういう考え方を、それと知らずに行っている人って多そうな気がする。人にどう思われるかを気にしてはいけないとか。過去にも未来にもとらわれないとか。人と比較しないとか。

対話調は読みやすくて良かった。共著者が、自分たちをソクラテスとプラトンに準えていたのは少しキモかったけど、確かにそういう関係なんだろうな。プラトンの国家とか法律とか、買って読んでいないことを思い出した。文庫だし、読んでみようか。

google adsense

関連記事

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社②

20071120064500 ”マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイ

記事を読む

no image

デブラ・E・メイヤーソン「静かなる改革者」ダイヤモンド社

タイトルやその考え方には唸らせるものがあったが、実際に内容を読んでみると、アメリカの本の邦訳によくあ

記事を読む

no image

カズオ・イシグロ「日の名残り」ハヤカワepi文庫

外国を舞台に外国人が活躍する小説には、登場人物の名前を覚えることから始まる、一定の負担がある。しかし

記事を読む

no image

今尾恵介監修「日本鉄道旅行地図帳」新潮社

20081220202100 地図に廃線を含めた記載がある。昔これほど多くの鉄道があったと

記事を読む

no image

桜井進「面白くて眠れなくなる数学」PHP

20120317000255 秋葉原の某大型書店で平積みになっていたことが切っ掛けで読み始めた一冊

記事を読む

湊かなえ「告白」双葉文庫

20140413111232 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)著者 : 湊かなえ双葉

記事を読む

no image

チップ・ハースほか「スイッチ!」早川書房

象と象使いの比喩は今後も使える。セルフコントロールも有限だという話も、自分に都合よく使えそう。ほか、

記事を読む

no image

蔵研也「リバタリアン宣言」朝日新書

軽く読むことができる。タイトルから想像するとおりの内容。リバタリアンの考え方を理解する入門書としてよ

記事を読む

no image

加藤昌治「考具」TBSブリタニカ

20070826061000 多くのことが書かれているが、かといって翻訳本的なびっしりと活

記事を読む

no image

林則行「「銅メダル英語」をめざせ!」光文社新書

20120818045503 英語って、やっぱり、日本人にとってのひとつの引っかかりなんだと思

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑