岸見一郎「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」ダイヤモンド社

公開日: : 書評(書籍)

20141101215342

最近、嗜みとして本を読むことがご無沙汰だったけれど、久々に読んだ本だった。そういうときだからこそ、読んだ本、読めた本だった気がする。

アドラー心理学。こういう考え方を、それと知らずに行っている人って多そうな気がする。人にどう思われるかを気にしてはいけないとか。過去にも未来にもとらわれないとか。人と比較しないとか。

対話調は読みやすくて良かった。共著者が、自分たちをソクラテスとプラトンに準えていたのは少しキモかったけど、確かにそういう関係なんだろうな。プラトンの国家とか法律とか、買って読んでいないことを思い出した。文庫だし、読んでみようか。

google adsense

関連記事

no image

本田直之「レバレッジ・リーディング」東洋経済新報社

この本で勧めていることは、奇しくもほとんど私がやっていることだ。この著者は私ではないか? 相当前評

記事を読む

no image

三浦展「下流社会マーケティング」日本実業出版社

ベストセラーになった"三浦展「下流社会」光文社新書"の第2弾か。この本のあとにいろいろなところから講

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山

記事を読む

no image

安保徹「40歳からの免疫力がつく生き方」静山社文庫

白血球の内訳なんて、いままで興味をもっていなかった。血液検査の数値を読むのがおもしろくなった 嫌気

記事を読む

no image

冨山和彦「挫折力」PHPビジネス新書

なんかの書評で勧められていたので読んでみたもの 携帯電話のころの話、幕末維新の志士の話が多いの

記事を読む

no image

今北純一「とどめのひと言」PHP

久々に興奮して読み終えた本。こういうのはじっくりと読んでしまうのでなかなか早く読めないと同時に、本を

記事を読む

no image

野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎

自分でも、よくもこの類の本ばかり読んでいるという気がする 上司の立場から、時間管理という切り口でハッ

記事を読む

no image

早野透「田中角栄 戦後日本の悲しき自画像」中公新書

20130405231712 これを読んだのは田中真紀子が落選したのがキッカケかもしれない

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①

20071119060000 大昔に買っていたのだが、最近まで読まなかったこの本。そろそろ

記事を読む

no image

渡辺健介「世界一やさしい問題解決の授業」ダイヤモンド社

20090223014100 この本のもっとも大事な注意点は、中高生と読者と設定しているよ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑